クラブコングのスタッフ発信の健康にまつわるコラムをご紹介していきます。 最新の記事
2007年の記事
2006年の記事
2005年の記事
2004年の記事

Vol.52 横っ腹が痛くなるのはなぜ?(2005.12.28)

 今回は、誰もが経験したことがある「横っ腹」が痛くなるという現象についての情報をお伝えしようと思います。

走っていて急に「横っ腹」が痛くなったことがありませんか?
みなさんも一度や二度は経験をしたことがあると思います。
その時の状況を思い出してみて下さい。食事をした後に痛くなりませんでしたか?

 食事の直後は、消化吸収のため胃腸が活発に働きます。胃で細かく分解された食物は、それぞれ分子レベルの栄養素となって腸から血液中に取り込まれ、からだの各部に運ばれます。そのために胃腸には一時的に多くの血液が集められ、消化吸収をスムーズに行おうとします。普段、筋肉に配分されている血液も、このとき胃腸を中心とする内蔵に集められます。

 これに反して食後すぐに激しい運動をすると、内臓に集中していた血液が動かしている筋肉に移動してしまいます。このため内臓は酸素不足の状態となり、中でも脾臓がけいれんをおこしてしまい、これが「横っ腹が痛くなる」という現象の正体だと考えられています。消化吸収が妨げられるので運動をやめろ、と内臓が警告をしていると思われます。

走っていて横っ腹が痛くなったら、走るのをいったん中止してください。痛いからといって急に走るのを止めると心臓に負担をかけてしまうので、すぐには立ち止まらず歩行に切り替えて様子をみてください。そうすると自然に痛みは無くなるはずです。痛みが無くなれば再び走っても問題はありませんが、徐々にスピードを上げていく様にしてください。

 消化吸収がある程度進むまでは、スポーツ活動は避けた方が良いと思います。食後30分から1時間くらいが一つの目安になります。試合やレースがあるときは、より活発に筋肉が動けるように2時間から3時間前には食事は済ませておくほうが良いと思います。
個人差や体調による差はありますが、このくらい時間をとっておけば消化吸収はほぼ完了し、スムーズに運動が出来るようになります。
 
 当クラブの、トレッドミル(ランニングマシン)は一台一台に液晶テレビを設置していますので、飽きる事なく自分にとって無理のない強度でウォーキングからランニングまで楽しんでいただけると思います。現会員さんからも、テレビを見ながらなので、ついつい時間を忘れて走り過ぎてしまったなどの、声をよく聞きます。

  また、寒さも増して外での運動がなかなか思うように出来ていないという方は、是非一度、当クラブに、見学に来てみてください。適切な室温に管理しておりますので、一年中、快適に運動を楽しむ事が出来ます。スタッフ一同、心よりお待ちしております。


<文 定守 毅>



Vol.51 筋肉の肥大(2005.12.27)

いい体になりたい。男性なら誰しもが一度は思うことではないでしょうか? 今回は筋肉の肥大について書きたいと思います。筋肉を太く、大きく肥大さすには何が必要なのでしょうか。簡単ではありますが書いてみたいと思います。

筋肉の太さは筋線維の断面積とその数によってほぼ決まります。そのため筋肉の肥大は、筋線維の断面積の増加(筋線維の肥大)あるいは筋線維の数の増加(増殖)、またはその両者によってもたらせられる可能性があります。しかし、これまでの研究において、筋線維が肥大することは確認されているようですが増殖については、実験動物を用いた研究では増殖が見られたという報告がありますが人の場合は方法論的な問題もあるようで、筋線維が増えたかということは明らかではありません。以上のことから筋肉を肥大させるには筋線維の断面積を増やさなければならいようです。筋肉を肥大さすにはトレーニング、栄養、休息、この三つが同じレベルで大事です。何か一つでもかけると効率の良い筋肉の肥大は起こらないと言われています。トレーニングを行ったら筋線維は傷つき損傷します。そして傷ついた筋線維が回復することによって以前より太くなって回復します。これを筋の超回復といいます。筋肉は超回復をくり返すことによって肥大し太くなるのです。

トレーニング・・・筋肉の断面積と筋力の大きさは比例します。筋肉の断面積が広い方が大きな力が出せるということです。ですからウェイトトレーニングで高重量が扱えるようになるということは筋肉がそれに見合って肥大したと考えられます。(トレーニング初期は筋肉の肥大は見られません。それは今まで動員されていなかった筋線維がトレーニングにより動員されるようになるからです。)筋肉を肥大させるには安全で適切なフォームで出力を上げることが重要です。動的最大筋力の70%(15RM)でのトレーニングが筋肉の肥大に最適とされていますが動的最大筋力を高めるには90%(6RM)が最適とされています。筋肉の断面積と筋力の大きさは比例するのに、それぞれ設定される重量が違うのは何故でしょう?どちらでも筋肉の肥大はします。動的最大筋力も上がっていきます。それぞれ動員される運動単位が多少異なり体に与える影響も異なります。それに加えて発生する乳酸、分泌されるホルモンなどの関係から、それぞれ目的にあった重量が設定されていると考えられます。
 トレーニングは安全かつ適切なフォームで行うのを大前提にできる限り心理的な体の限界と肉体的な体の限界を近くする努力をしましょう。誰もが心の限界よりも肉体の限界がもっと先にあるものです。
 
*運動単位・・・脳からの指令が運動ニューロンといわれる神経を通して数本から数百本にまとめられた筋線維に伝わり収縮します。一本の運動ニューロンに支配されている筋線維の集まりのこと

今回は筋肉の肥大のしくみとトレーニングの効果について書きました。

次回は栄養と休息について書きたいと思います。


<文 濱崎 耕平>



Vol.50 飲酒(2005.12.16)

そろそろ忘年会シーズンになってまいりました。こんな時は、普段お酒を飲まない人でも、忘年会にはお酒はつきものなのでお酒を飲む機会が増えると思います。
普段からもお酒を飲まれる方にとっては、とても楽しく過ごせるかもしれませんが、楽しいお酒も二日酔いでは台無しになってしまいます。
そこで!今回はお酒を飲む機会が多い方にオススメする情報をお知らせします。

そもそもお酒を飲んで、二日酔いになるのはなぜなのか?
お酒を大量に飲むと肝臓がアルコールを処理できなくなり、アセトアルデヒドもたまってきます。そうすると、吐き気、嘔吐、頭痛、胃痛、悪寒などの症状が起こってきます。これが二日酔いと呼ばれるものなのです。
アセトアルデヒドとは、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素によって分解された中間代謝物質で、吐き気、呼吸促拍などアルコールより数倍強い生体反応を起こす有害物質のことです。

それでは、二日酔いを少しでも和らげるためにはどうしたらよいのか。
まず、空腹の状態でお酒を飲まないことと、宴会の時に、たんぱく質をとることによって二日酔いが和らぎます。良質のたんぱく質を摂ることによってアルコールの代謝能が上がり、血中アルコールやアセトアルデヒドの消失が早くなるので二日酔いを防ぐのに大切です。また、大豆など植物たんぱく質だけでなく、一緒に魚や卵を食べるとその効果がぐんと上がります。
しかし、たんぱく質を充分に摂りすぎると、お酒に強くない人でも酒量が進みますので、飲みすぎには注意してください。
また、飲酒によってビタミンB1など各種のビタミンの吸収が妨げられるので、アルコールを分解するのに必要なビタミンB群や亜鉛を摂りましょう。
これらを体内に取り入れる方法として、食物でとることが1番です。しかし、加熱など食物の状態によって重要なものがあまり取れなかったり、必要な量をとるのには大量の食物を食べなくてはいけないという場面に生じたりしますので、食物と一緒にサプリメントで栄養を補うことがポイントです。
当クラブはこれらのビタミン類など、さまざまなサプリメントがありますし、どんどんと新しいサプリメントを取り入れています。

新しいサプリメントの中に今回のテーマにピッタリなお酒を嗜む方に良い、マリアアザミというサプリメントを入荷しました。興味をもたれた方はスタッフまで気軽に声をかけて下さい。


<文 伊藤 慧子>



Vol.49 汗(2005.12.9)

 今回は、誰もが毎日掻いている汗についての情報をお伝えしようと思います。

私たちは、何のために汗を掻く必要があるのかご存知でしょうか?汗の一番大きな仕事は、体温の調節です。人はある一定の範囲で体温を調整しないと生きていけないようになっています。例えば、体温が10℃上がると体の大切な成分であるタンパク質が変性して破壊されてしまいます。また、体温が28℃を下回ると臓器の機能が停止してしまいます。もちろん、体温がここまで極端に変化することが無い様に、汗が大切な役目をはたしています。汗がどのように体温を調節にかかわっているのか、簡単ではありますがお伝えします。

私たちが体温を調節するしくみは、大きく分けて三種類あります。
まず、体温より外気が低い場合には自然と熱が外にでていきます。これを放射といいます。二番目が、伝道対流です。体から周囲の空気に体温が伝わっていくものです。そして三番目が蒸散です。汗が蒸発するときに皮膚から気化熱を奪ってくれるものです。人の場合は、皮膚からの蒸散だけでなく、息を吐いた時の水蒸気でも起こります。

 三種類の中で、もっとも効果的に体温の調整をしてくれるのは、三番目の汗による蒸散効果です。体温調節がいちばん必要なのは、体温の変化が激しい時です。寝ている時や座っている時の様な体温変化が少ない時ではなく、食事をしている時や運動をしている時など一番、体温調節が必要になります。しかし、放射や対流などの方法では、すぐに体温を下げることはできません。急に体温調節が必要な時に働いてくれるのは汗の蒸散しかありません。

 汗の働きはほかにもあります。老廃物を排出してくれることです。汗の目的は、なによりも体温の調節ですが、結果として老廃物を排出しています。亜鉛以外の重金属については、尿よりもむしろ汗のほうが排出してくれます。汗を掻くことで、免疫力も強くなります。

 体温が上がった時こそ、速やかに、そして必要な量だけ汗を掻いて体温を調節してくれる汗が理想です。このほかにも、汗は尿と違い排泄が目的ではないので大切な成分が含まれず水に近い汗が理想です。(汗の成分は、九九%以上が水です。それ以外は、食塩やナトリウムこの他にもカリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄など、体に必要な栄養素が含まれています。)
この様な、良い汗を掻くためには運動が必要です。運動を続けていくことで必要なときに必要な分だけ汗を掻く体に変わっていきます。

当クラブでは、若い方からお年寄りの方まで対応したパワーチェンジトレーニング、スタジオレッスンを楽しんでいただけます。1Fマシンジムでは個人個人の目的・目標にあったメニューを作りウエイトトレーニングができます。2Fスタジオでは、有名インストラクターが指導するエアロビクスから、ゆっくりとしたリズムで行う健康体操まで、自分に合ったレッスンに参加出来るようにスケジュールしております。みなさまが運動で良い汗を掻き健康的な生活を送っていただけるようお手伝いしております。


<文 定守 毅>



Vol.48 イチョウ葉(2005.12.2)

 秋になり冬に入ってきました。皆さんは、きれいな小金色に黄葉したイチョウのサプリメントがあることをご存知でしょうか?今回は、クラブコングに新しく入ったサプリメントの中でイチョウ葉を紹介したいと思います。

 まず、イチョウは、生命力が強く、二億五千年以上前から地球上に存在すると言われています。そのイチョウの葉を乾燥させアルコールで成分を抽出したものがイチョウ葉エキスです。血行促進や痴呆の予防改善効果があると知られています。ドイツ、フランスなどでは医師が血流改善役として処方しています。

 イチョウ葉エキスの主成分はフラボノイドとギンコライドです。フラボノイドとは植物に含まれる色素成分の総称で約4000種類もあるといわれています。野菜や果物から多く発見されており大きく分けてフラボノール類、イソフラボン類、カテキン類に分けられます。イチョウ葉エキスには30種類以上のフラボノイドが含まれています。強力な抗酸化作用と血行促進効果、末梢の血管が拡張されます。これにより脳動脈や心臓の血流を増加させ血管自体の硬化を防ぎます。つまり血液自体をきれいにする作用と血管を丈夫にする作用があります。
 次にギンコライドはイチョウ葉エキスだけに含まれている物質で血流をよくし血小板が固まるのを抑えて血栓ができにくくなります。これにより脳梗塞などの脳血管障害を引き起こしにくくします。また活性酸素が過酸化脂質を作るのを妨げ脳細胞が死滅するのを防ぎます。
 
以上の抗酸化作用や血流改善により脳の機能にも改善が見られるといいます。例えば記憶力、集中力、思考力の低下。不眠、老人性痴呆、アルツハイマー病などの加齢に伴う症状にも効果が認められています。また血流を促進さすので冷え性、肩こり、などにも効果を発揮しアレルギー症状なども抑えます。

  加齢と共に人の身体の機能は低下していきます。これは人類の定義として仕方のないことです。ですが機能の低下をいかに緩やかにするかは、その人次第です。自分の身体は自分で守らなくては、なりません。お金では買えない健康と時間。クラブコングでは皆さんの健康とこれからの有意義な時間のためにスタッフ一同、全力でサポートしています。クラブコングでの個人にあった効果のあるトレーニングとサプリメントで健康な気分になるにではなく本当の健康と有意義な時間を手にして下さい。


<文 濱崎 耕平>



Vol.47 サプリメントについて(2005.11.25)

木枯らしとともに、寒さ・乾燥の厳しい冬がやってきました!
冬の乾いた空気に、夏のエアコン、肌は年中乾燥にさらされて、うっかりするとカサカサに・・・。そこで今回はお肌の乾燥対策に効果のある、サプリメントのご紹介をします。


  最近、いろいろなサプリメントが出て来て、雑誌やテレビ等でも特集されているのをよく見るようになりました。そもそもサプリメントとはどんなものなのか?

サプリメントとは英語のSupplementのこと。食事を補う、栄養補助食品のことです。形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、いろいろあります。医薬品と食品の間に立つもので、現代人の積極的な健康づくりのサポート役となるのがサプリメントです。

サプリメントの利点は食事だけでは補いきれないビタミン・ミネラルを余分なエネルギーを摂らずに手軽に補給できることです。

サプリメントとはどんなものなのかがわかった所で、今回の目的の乾燥対策に効果のあるサプリメントはどんなものなのかの説明をします。

乾燥対策に効果のあるサプリメントは主にビタミンC・ビタミンE・ベータカロチンの3つです。

ビタミンCは、コラーゲンの合成に関わりお肌や粘膜などの健康維持を助けたり、抗酸化作用で日々のプレッシャーからカラダを守ったりします。

また、みずみずしい肌づくりの基本であるコラーゲンの合成に必要なのがビタミンCです。

ビタミンEは血行を良くし肌の老化防止にも良いです。しかし、脂溶性ビタミンなので、多くは大豆油やとうもろこし油、マーガリンなどの油や、ナッツ類などに溶けて存在しています。ですから、たくさん摂ろうとすると余分な脂肪分まで摂取してしまいやすくカロリーオーバーになりがちです。そこで、サプリメントを上手に利用して、きちんとビタミンEを摂るのがおすすめです。


ベータカロチンは、胃腸で吸収され、肝臓に蓄えられ、必要なときに必要な分だけビタミンAに変わって目や組織の粘膜などに運ばれます。そして、皮膚や粘膜の健康維持を助けたり、夜間の視力の維持を助けたりしてくれます。

これら3つのサプリメントを普段の食事と一緒に上手に摂取することによってお肌の乾燥の対策につながります。

普段の食事で気をつけることとしては、バランスの取れた食事を摂ることです。しかし、毎日忙しい現代人にとって食事のバランスに気をつけることはとても難しいことです。そこで今回ご説明したサプリメントの出番です。サプリメントの存在の意味を理解し、自分のライフスタイルに合わせて上手く利用してみてください。

当クラブでもプロテインのほか、さまざまなサプリメントの販売も実施しています。

また、販売だけでなくご質問にも応じています。

これまでのサプリメントなどの摂り方の説明としては、どのようなものをとればよいのかだけでしたが、今はどのようなものをどのタイミングで摂取すればよいのかが必要です。当クラブでは、それらのご質問にも応じていますので、いつでも気軽にスタッフに声をかけてください。お待ちしております。


<文 伊藤 慧子>



Vol.46 オーバートレーニング(2005.11.17)

 前回までに、トレーニング(運動)の効果を上げるためには、基本原則・原理に沿って行わないと効果は望めない事を、お伝えしました。しかし、トレーニングが適切に行われれば、効果も高まりますが、トレーニングをすればするほどコンディションが悪くなってしまうことがあります。この状態を「オーバートレーニング」といいます。
今回はオーバートレーニングについてお伝えしたいと思います。

 オーバートレーニング状態になると、いくらトレーニングをしてもパフォーマンスが向上しないばかりか低下してしまったり、風邪のような症状が長く続いたり、疲労感が抜けないなどの日常生活にも支障をきたす事もあります。深刻なオーバートレーニングになるとトレーニングを長く休まなければならなくなるので、早期に発見することが大切です。
 わかりやすい前兆は、筋肉に現れます。筋肉痛が取れなくなったら注意が必要です。
筋肉が痛むという現象はからだの防御反応で、痛みの原因となっている刺激(トレーニング)をもうやめなさいというサインでもあります。普段の体調なら、たいていの筋肉痛は2〜3日で回復します。これは超回復を起こしている証拠ですが、筋肉痛が取れないということは、超回復が起きていないと考えられ、何かの原因でオーバートレーニング状態に陥っている可能性があります。
 体重減少も要注意です。ダイェット中で体脂肪が落ちている場合は別として、意に反して体重が減っていく場合は筋肉が落ちている可能性があります。筋肉が落ちるということは、トレーニングによって一時的に壊された筋肉が十分に修復しないで悪循環を繰り返している状態で、これも超回復が起きていないと考えられます。オーバートレーニングの兆候といえます。

 オーバートレーニングの原因はいろいろ考えられます。それを見つけるには、運動、栄養、休養のバランスを見直す必要があります。
 まず、運動でいえば、強度が高すぎなかったか、頻度が多すぎなかったか、などの内容を見直します。特に強度が適切であったかどうかチェックすることが重要です。
 次に栄養です。トレーニングの効果を十分に引き出すバランスの良い食事が摂れたかどうか。筋肉の材料となるたんぱく質は必要量とれていたか、グリコーゲンの素となる炭水化物は足りていたか、それらを体内で有効利用するために働くビタミン、ミネラル類は取れていたかなどを総合的にチェックします。
 最後に休養です。休養が十分に取れていないと当然、疲労回復は満足に行えません。
特に睡眠が十分に取れているかどうか。時間的には足りているように思えても睡眠の質が大切です。

疲労を回復させるには、栄養摂取のタイミングと休養が大切です。筋肉の材料となるたんぱく質、エネルギー源となる炭水化物は十分に摂取していても、ビタミン・ミネラルが不足していれば、疲労回復に役立てることはできません。そこで、健康体力研究所のメガパワーDXマルチビタミン&ミネラルをご紹介します。主成分はマルチビタミンと亜鉛・セレンなどのミネラル類です。通常の食事では摂りにくい、亜鉛、セレン、クロムなどのミネラルをバランス良く配合してあります。ビタミンとの総合配合により、吸収率も高められています。当クラブでのビタミン・ミネラル配合のサプリメントの中で一番売れている人気商品です。

このほかのサプリメントでも質問などございましたら、いつでもスタッフまでお尋ねください。


<文 定守 毅>



Vol.45 パーソナルトレーニング(2005.11.10)

 前回、前々回とパワーチェンジトレーニングについて簡単に書きました。今回はそのパワーチェンジトレーニングを考案した松本 整のパーソナルトレーニングについて書きたいと思います。
 
まずパーソナルトレーニングとは、当社の代表取締役、松本 整が有料で競技、目的、個人に合わせてパワーチェンジトレーニング、ビジョントレーニングを指導しパートナーストレッチを施術します。クラブコング会員の方が対象ですが、会員の方以外は合宿システムの中にも導入しています。

今回は、僕自身がパーソナルトレーニングについて感じた感想を率直に書きたいと思います。まず、松本は今まで競輪、自転車、スケルトン、陸上、ゴルフ、アルペンスキー、野球など様々な競技の選手をプロ、アマ問わず指導してきました。その度に僕が驚かされるのは、それぞれの競技にあった動きの特性を理解し、その動きにあったトレーニングを個人の身体、要望に応えながら指導することです。松本の指導を受けた方はプロでさえ深く共感され大変、喜ばれています。何故、皆さん喜ばれるのでしょう?僕が思うことは、アスリートは皆、悩み苦しんでいるのです。漠然と自分の中では、どうすればよくなるのかは、解かっています。ですが具体的に何をどうすればいいのかが解からないのです。松本はその答えを持っているのです。まず本人に自分の現状を理解させ、行ったトレーニングによってどのように、よくなったのかを実感させるのです。この変化を目の当たりにしたアスリートは今まで悩み苦しんだ気持ちが晴れるのです。答えへの道が明確になりこの上ない喜びと競技に対する高いモチベーションがあふれ出てくるのです。勿論、その一日だけでなく、その日からトレーニングを計画立て継続することが大事です。

僕はサッカーをしていましたが現役の時に松本の指導を受けたかったと強くおもいます。そうすればサッカーに対する想い、トレーニングの考え方、変わっていたと思います。これからは、より多くの人に解かってもらいたい、この喜びを感じてもらうために自分自身、向上し皆さんの信頼を得たい。そのために日々、好奇心、探究心を持ち、それを解消していけるよう生活を送りたいと思います。

トレーニングに悩んでいる方、競技力を本気で上げたい方、是非一度クラブコング代表取締役 松本 整のパーソナルトレーニングを受けて下さい。松本を始めスタッフ一同、全力でサポートします。

 


<文:濱崎耕平>



Vol.44 アロマについて(2005.11.1)

当施設にはアメリカのジャグジー社製の高機能バスが完備されています。

そのジャグジーにアロマを設置しています。(女性はジャグジーバスの所と更衣室に、男性は更衣室に設置しています)最近、よく会員さんとアロマオイルについてお話しています。

そこで、今回は香りについてどのような効果などがあるのかをご紹介したいと思います。

 近年、香りに対する関心が高まり、香料を安眠のために役立てる研究や、香りによって疲労・ストレスをとり、元気を回復するアロマテラピー(芳香療法)、香りによる環境システムなど、さまざま研究や応用が活発化しています。
  もともと、各種のハーブ(薬草・香草)などに含まれているある種の香りは、人間の心身をリラックスさせたり興奮させたりする作用があることが古くから経験的に知られており、いろいろな形で利用されてきました。
  古くて新しい分野である香りの利用は、これからの健康づくり、環境づくりに不可欠といっても過言ではありません。

動物の中には嗅覚への依存度が高いものが多く、犬などの場合も、間隔の50%以上を嗅覚に頼っているといわれます。親子・兄弟関係などの情報をはじめとして、多くの動物にとって嗅覚は最も重要な情報源の1つになっています。犬嫌いの人に犬が吠えかかったりするのも、その人の怖そうな表情や動作を見て吠えるのではなく、犬嫌いの人が犬を見て冷や汗をかき、そのにおいに犬が反応するためといわれます。
  人間の場合は、嗅覚機能が動物よりはるかに衰退しており、嗅覚への依存度が小さくなっていますが、それでも生後間もない赤ん坊の時には、嗅覚が大変重要な役割を果します。

香りを感じるという事は、空気中に漂う香りの成分が呼吸と共に鼻に入ってきた事を意味しています。その香りの成分は鼻の上の方の嗅粘膜に溶け込み、香りの成分を情報として嗅細胞がキャッチします。その香りの情報は電気信号となり、嗅神経・嗅球・嗅索を通り、大脳(大脳皮質や大脳辺縁系)に伝えられ、意識として香りを感じます。好きな香りや嫌な香りなどの感覚の違いによって、快・不快などの感情が生まれます。また、香りの成分は呼吸によって肺にまで到達して肺静脈などからも吸収されています。血中に入った香り成分は感情に関係なく成分の作用を体に与えています。

アロマテラピーで使われる精油の香り成分も、鼻から香りの情報が大脳まで届けられ、呼吸によって肺静脈などからも吸収されています。

  アロマテラピーで使われる精油には、普通の香りにはない良い薬理作用があります。肺静脈などから吸収された香り成分は、血流にのってさまざまな臓器や組織に働きかけています。精油を用いたアロママッサージも香り成分が体表からも吸収され、マッサージとの相乗効果により精神的にも肉体的にも良い効果をもたらします。この香り成分の良い薬理作用はアロマテラピーの精油に特有のものとなります。

 このように香りにはさまざまな作用があります。今、当施設にはラベンダー・ジャスミン・アップル・イランイラン・サンダルウッド・オーシャンブリーズ・ベルガモット・レモン・グレープフルーツ・海の10種類の香りがあります。香りごとに作用も異なるので、どのような効果などがあるのかをフリップでお知らせしています。これからもいろいろな香りを増やしていく予定です。何かいい香りがあれば、是非教えてくださいね。

<文 伊藤 慧子>



Vol.43 トレーニングの基本原則・原理(2005.10.26)

 前回お伝えしたトレーニングの基本原則は、トレーニングすべての内容に当てはまる、いわば体の土台づくりです。からだづくりや基礎的な運動能力を養い、その土台の上に、各スポーツ種目ごとにあったトレーニングをしていかなければなりません。

 それぞれのスポーツ種目にあったトレーニングを進める場合には、基本原則の上に新たに、基本原理を取り入れる必要があります。今回は基本原理についてお伝えしたいと思います。

 トレーニングの原理には、1.過負荷の原理、2.可逆性の原理、3.特異性の原理、があります。この3つの原理を「トレーニングの三大原理」といいます。

  • 過負荷の原理…トレーニングにおいて何かしらの運動効果を望むのであれば、普段日常生活で体験しているよりも負荷を増やしてトレーニングを行わないと体力は向上しないという原理です。最大筋力の20%以下でのトレーニングでは筋力は低下します。20%〜30%では維持し、40%〜50%以上のトレーニングで筋力は向上します。(筋力アップなど目的によって設定重量は変わってきます。)
  • 可逆性の原理…トレーニングで得られた能力はトレーニングを行っている間は維持されるが、止めてしまうと徐々に消失してしまうという原理です。(脱トレーニング現象)またトレーニングで得た運動効果はトレーニング期間が長ければ効果が失われるのは緩やかで、期間が短ければ効果の消失は速いと言われています。しかし、同じ能力でも自転車に乗るといったぺダリングの技術は一度身につけてしまえば、長年自転車に乗っていなくてもある程度維持できます。これを非可逆といいます。
  • 特異性の原理…特異性の原理には、主に構成要素が3つあります。

A.動作様式の特異性…スポーツの種目の動作(フォーム)に合わせてトレーニングすることです。加えて、筋肉の活動様式に着目すると、より特異性を考慮することになります。動作時に筋肉が発揮する力のタイミング、大きさ、方向といったものを試合やレースにあわせることが重要です。

B.運動速度の特異性…各スポーツ種目の動作には独特のリズムピッチがあります。出来る限りそのスポーツに合わせてトレーニングすることが重要です。もし動作速度がことなれば、動員される筋肉繊維が異なります。速い速度で運動を行えば速筋線維がより多く動員され、遅い速度の場合は遅筋線維が多く動員されます。

C.運動時間の特異性…運動時間を、競技に合わせることが大切です。これは筋活動におけるエネルギー供給系を合わせるということです。運動時間の長さによって、筋肉が主に利用するエネルギー供給系は異なってきます。

 これでトレーニングは基本の原則・原理に沿って行わないと自分の思っているほどの効果は望めない事がおわかりいただけたと思います。当クラブのトレーニングメニューは、基本原則・原理に沿ったメニューを作り、会員さんの目的・目標の達成のお手伝いをしております。なかでも、特異性の原理に沿ったパワーチェンジトレーニングはオリンピック選手の競技力向上から女性、高齢者の方の目的達成まで幅広く対応出来るトレーニング方法です。合宿システムなどもありますので、是非一度、自分の目的達成の為に当クラブのパワーチェンジトレーニングをされてみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同おまちしております。

<文 定守 毅>



Vol.42 パワーチェンジトレーニング(2005.10.20)

 前回、クラブコング株式会社、代表取締役 松本整が考案し当社で推奨しているパワーチェンジトレーニングについて簡単に書きました。今回はそのパワーチェンジトレーニングについてもう少し詳しく書きたいと思います。

 まず、トレーニングには原理、原則があります。この原理、原則にもとづいてトレーニングを行わなければ効果は見込めません。その原理、原則の中に「特異性の原理」というものがあります。この原理は「行う運動によって特異的に身体が発達する」ことを示しています。つまり、トレーニング方法によって、もたらす効果はさまざまであることを意味します。競技、目的に合わせてトレーニング方法を変えなければねらった効果、即ち結果は見込めません。

 パワーチェンジトレーニングは、この「特異性の原理」にもとづいたトレーニングです。

 次に「特異性の原理」についてもう少し詳しく書きます。一言で「特異性の原理」と言っても色々あります。  

運動時間の特異性・・・競技のレース、試合の時間によって主に使われるエネルギーが違います。競技の必要とするエネルギー供給系に合わせてトレーニングすることが必要です。

           (100Mとマラソンでは走っている時間が違います。ですから供給されるエネルギーの種類が違います。)

動作速度の特異性・・・競技、独自のリズムやピッチに合わせてトレーニングすることが重要です。動作速度により動員される筋繊維も異なり実際の動きに合わせてトレーニングしなければならない。

           (100Mのスプリンターがマラソンを走っても100Mを走る速度は速くなりません。100Mでは速筋繊維をより多く動員しますがマラソンでは遅筋繊維を多く動員します。動員する筋繊維によってトレーニング方法を変えなければいけません。)

動作様式の特異性・・・競技の種目の動作(フォームや出力発揮のタイミングなど)を合わせたトレーニングが重要です。

 パワーチェンジトレーニングは「特異性の原理」の中でも「動作様式の特異性」「動作速度の特異性」に着目し筋肉の活動様式を行うスポーツの動作や目的を達成する為に医科学的見地から必要な出力発揮のタイミングに合わせたトレーニングなのです。筋肉の活動様式とは筋が力を出す様子のことです。

 パワーチェンジトレーニングの5つのポイント

出力発揮のタイミング・・・野球ではバットにボールが当たった後、力が出ても飛距離には関係ありません。その競技動作に有効なポイントで力が出せないと目的達成は望めません。

関節の角度・・・競技によって力を出す関節の角度、可動させる関節角度は異なります。必要な角度で力が出せなくてはなりません。自転車と短距離走では運動で使われる股関節の角度が違います。さらに力を発揮するタイミングも異なり当然、行わなければならないトレーニングの方法も違ってきます。

力の特徴・・・垂直飛びやハイジャンプなどの跳躍競技は、踏み切り足が着地したタイミングで一気に力を出せなければなりません。この時、必要な力の特徴をRFD(筋力の立ち上がり)と言う指標で表します。ハンマー投げでは、高速で運動しながら更に回転のスピードを上げていかなくてはなりません。ある負荷の物を速く動かせるパワーが重要視されます。伝える力の特徴は異なります。競技に必要な力の特徴に合わせたトレーニングでなくてはなりません。

力の方向・・・自転車のペダリングでは360度の1回転の中で地面に水平なポイントにクランク軸に垂直に力を伝えなければなりません。力の方向が30°ずれると13%、60°ずれると50%の力のロスとなります。力の方向が変わるだけで大きなロスを生んでしまいます。

力の伝達効率の向上・・・車で例えるとエンジンで起こした力をうまく路面に伝えなければ速く走れません。どれだけ大きな力を出しても伝達効率が悪くては意味がありません。

パワーチェンジトレーニングは以上のすべての要素と個人の身体の状態を組み込み、トレニングメニューを作成します。個人、競技にあわせたトレーニング。それがパワーチェンジトレーニングなのです。

<文:濱崎耕平>



Vol.41 パワーヨガ(2005.10.6)

今回は、以前お伝えした「パワーヨガ」の感想をお伝えしたいと思います。

初め、私の中でのパワーヨガのイメージは、ゆっくりとしたヨガの少し強度が強いものというイメージでしかありませんでした。

しかし、第1回目のパワーヨガのレッスンを受けた会員さんとお話をしたら、「そんなものじゃない!すごくハードで汗をいっぱいかいたよ!」と聞いてから、パワーヨガのレッスンに参加するのに抵抗を感じました。

その理由の1つとして、私は柔軟性がなく、小さい時から身体が硬いのです。柔軟性がなければ、けがにもつながることは充分わかってはいたのですが、家でのストレッチなどをしても、どれも3日坊主で続きませんでした。また、腰痛持ちなので60分出来るか不安でした。

でもこのままではいけないことも充分にわかっていたので、会員さんと一緒にパワーヨガのレッスンに参加してみることに決めました!

最初はとても緊張していましたが、スタジオの照明を暗くし、音楽もゆったりとした曲やテンポの良い曲が流れて、とてもリラックスした気分でレッスンを受ける事ができました。また、インストラクターの先生曰く、目でインストラクターの先生を見るのではなく、聞いてやるのだそうです。目を閉じ、耳で聞いてイメージを思い浮かべて身体を動かす。

聞いている分では簡単に聞こえますが、実際にやるには最初は戸惑いました。でも同じポーズを何回かしていくのと、インストラクターの先生がゆっくりと喋って、これは何のポーズかというのを詳しく説明してもらえたので、気づけば自分のペースで出来ていました。

また、少しポーズが違っていても、インストラクターの先生に教えてもらえるので大丈夫でした。

レッスンが終わった後には、話に聞いていた通り、汗をいっぱいかき、髪の毛もボサボサでしたが、その分すごく爽快な気分になりました!

しかも!たった1回受けただけで身体の硬い私が少し柔らかくなり、床に指をつけるのが精一杯だったのに、終わった後には掌が床に付くぐらいにまでになりました!また、筋肉トレーニングも兼ねているので、腰痛も普段よりかはマシになっていました。

次の日には多少筋肉痛がきましたが、その話もインストラクターの先生がレッスン終了後に「筋肉痛がきても、それは普段使っていない筋肉を使いましたよってことなので、喜んで下さい。」と言っていた事を思い出し、やっぱり普段日常生活で使っていない筋肉はいっぱいあるのだと、再確認しました。

まだパワーヨガのレッスンに参加していない会員さんにはとってもオススメのレッスンですし、HPの健康情報を見た方にも是非参加して頂きたいレッスンですのでこの機会に是非ご入会を考えてみてはいかがでしょうか?今回ご入会をお勧めしているのには訳があり、それは、只今秋のキャンペーンを実施しているからです!

会員様で、ご家族やご友人などをご紹介していただいた方にはコングでご利用出来る1万円分のチケットを進呈中です。

また、ご入会していただいた方には入会金が無料とコングTシャツをプレゼント中です!

今がチャンスです!!是非是非お待ちしています(^0^)/

<文 伊藤 慧子>



Vol.40 トレーニングの基本原則・原理(2005.9.30)

  スポーツ(運動)のトレーニングで確実に効果を挙げるために、必ず踏まえるべき基本原則・原理というものがあります。どんなトレーニングであっても、この原則・原理に基づいて行うことが大前提です。逆にこれを外れた状態でトレーニングを進めても、思うような効果は得られません。
 トレーニングを効果的に行うためには5つの原則と3つの原理によって構成されています。今回は5つの原則について説明していきたいと思います。

 まず、トレーニングの原則には、1.全面性の原則、2.意識性の原則、3.斬進性の原則、4.反復性の原則、5.個別性の原則、があります。この5つの原則を「トレーニングの五大原則」といいます。

1. 全面性の原則・・・身体の一部に偏ることなく、心身のバランスのとれた体力作りが必要という原則です。わかりやすく例をあげると、陸上競技の選手は脚だけ鍛えればよいわけではありませんし、水泳競技の選手は腕だけ鍛えればいいというわけではありません。鍛える部位に優先順位があっても、手落ちがあってはいけません。心理的、技術的、体力的要素のすべてをバランスよく鍛えることが大切です。
2. 意識性の原則・・・トレーニングは、実施している本人がよく目的を理解し、やる気で行わなければならないという原則です。スポーツは決して筋肉だけが動いて行われるのではなく、脳が深く関与しています。常に大脳からの命令に基づいて、からだは動いています。ですから、自分自身の意思が明確で、高い集中力と意欲を持って取り組むことが大切です。
3. 斬進性の原則・・・トレーニングの強度や量は段階的に増加させなければならないという原則です。運動の強度、難易度を徐々に上げていってこそ効果が上がるもので、オリンピック選手が行っている練習をいきなり小学生や中学生にやらせても、ほとんど意味がありません。努力すれば達成可能な課題を設定し、少しずつ難しいものに変えていくことが重要です。
4. 反復性の原則・・・トレーニングの効果を得るためには継続的に行わなければならないという原則です。トレーニングの効果というものは長期間実施することによって初めて目に見える大きな効果を期待することができます。このほかにも注意しなければならないのは運動・栄養・休養のバランスです。確実に回復が起こっているのを確認してからトレーニングは行わなければなりません。
5. 個別性の原則・・・トレーニングを行う人の性別、年齢、健康、体力、性格、生活環境、に応じて行わなければならないという原則です。人間の身体は十人十色、人それぞれ微妙に違いがあります。全員が同じことをやればいいというわけではなく、一人一人にあったメニュー(運動)を行わなければならないという原則です。

 当クラブでは、この基本の原則・原理に沿ったトレーニングメニューを作り会員さんに提供しています。なかでも、次回お伝えしようと思っている特異性の原理に沿ったパワーチェンジトレーニングで個々の目的・目標にあったメニューを作りアスリートの競技力向上はもとより女性の方から高齢者の方までの健康管理のお役に立ちたいと考えております。




<文  定守 毅>


Vol.39 パワーチェンジトレーニング(2005.9.26)

 今回は、クラブコング株式会社 代表取締役 松本 整が考案し、当社で推奨しているパワーチェンジトレーニングについて簡単に書きたいと思います。
本来、トレーニングの本質とはなんでしょう。競技力up、健康、ストレス発散・・・色々です。当クラブでは、トレーニングとは、これらの目的を達成するための手段だと考えます。その目的達成のためのトレーニングとして皆さんにパワーチェンジトレーニングを知っていただきたいのです。
 
パワーチェンジトレーニングとは?一言で言うと「スポーツ(目的)の力の出し方に合わせたトレーニングです。」このようなトレーニングは、実は今までありませんでした。

 人は競技、生活において物に力を伝えながら生きています。野球のピッチャーならボールにバッターならバットに力を伝えます。歩くだけでも地面に力を伝えなければなりません。この力の伝達が重要なのです。力の伝達は、競技、ポジションにおいてさまざまです。これは技術であって体力ではありません。当然、大きい力が出せた方がいいですが、例えば、Aという人は100の力が出せますが50しか物に伝えられません。しかしBという人は60の力しか出せませんが60すべて物に伝えられます。ボールを投げれば速く遠くに投げられるのはBです。バットを振らせれば速く振れるのもBです。この力の伝達こそが重要なのです。
 パワーチェンジトレーニングではこの力の伝達をよりスムーズにより大きくするために、幾つかの点に着目しました。運動に必要な力の発揮のタイミング、間接の角度、力の種類、力の方向。そして、その力の伝達効率の向上です。これらのことは、スポーツ(目的)によって全く違います。このスポーツの特異性、そのスポーツの動作様式の特異性、加えて筋肉の活動様式にまで着目したトレーニングなのです。

 代表の松本は、このパワーチェンジトレーニングによって競輪のG1最年長記録を何度も塗り替え45歳で引退しました。最後のレースでG1を勝ち取ったのですから、まだまだ進化していたのではないでしょうか。松本の下で働いている私はそう感じています。
 加齢とともに訪れる肉体の衰え、松本は肉体の衰えをパワーチェンジトレーニングでの力の伝達効率による技術の向上でカバーしたのです。
 私達はこのパワーチェンジトレーニングなくしてはある一定以上の競技力upは望めないと感じています。
 オリンピック選手やプロのアスリートが遠方から月に何度も来ていただいています。女性や高齢者の方には、このパワーチェンジトレーニングを応用して不適切な血圧の上昇を抑えます。また血流を促進させ筋肉の活性化により若々しさを保持します。
 パワーチェンジトレーニングとは、すべての人の目的達成のためのトレーニングであり私達はこのパワーチェンジトレーニングによって皆様の素晴らしい人生のお役に立ちたいと思っています。




<文  濱崎 耕平>


Vol.38 新しいレッスンが加わりました!(2005.9.15)

8月27日から、新しくパワーヨガのレッスンがスタートしました!

そこで、今回はパワーヨガのご紹介をします!

まずパワーヨガとは、名前の通りヨガの一種であるのですが、普通のヨガとは違います。では、パワーヨガ(ヨガ)はいったいどんなヨガなのか?というのをここで説明します。パワーヨガ(ヨガ)は通常のヨガに筋力的なトレーニングをほどこした新しいタイプのヨガで、身体能力の強化とその過程での集中力の強化がパワーヨガ(ヨガ)の目的とされています。

パワーヨガの特徴は、非常に短期間ではっきりとした効果を感じることができる点にあります。通常のヨガで得られる効果はもちろんですが、中でも特に『ボディメイク効果』と『メンタル調整効果』があげられます。

  • ボディメイク効果
    通常のヨガでも、普段動かさない身体の内部組織を刺激することにより、効率的に新陳代謝を刺激し、脂肪燃焼しやすい身体を作り上げることができます。

それらの効果に加え、パワーヨガでは直接的にカロリー消費を行なうため、ボディメイク効果が実現するのです。

  • 深いメンタル調整効果

パワーヨガでは初心者の方でも簡単に深い集中状態を作り出すことが可能です。

力の入れ方と抜き方、身体の使い方、辛さとの向き合い方、平静をキープするコツなどが意外に簡単に習得出来ます。また、集中力も強化されるので、ストレス解消にも

つながります。

  • その他の効果

その他の効果として、身体の様々な機能の調子を整えることができます。
  ・免疫機能の向上
  ・身体の疲れを取り除く
  ・血液循環を促進する
  ・自律神経を正常化する
  ・身体のゆがみを矯正する
  ・肩こり、頭痛、腰痛、冷え性、便秘、生理痛、不眠症、眼精疲労・・・などにも効果を表します。

実際にレッスンに参加された会員さんからは、結構きつかったけれど、次の日からすぐに効果があった!!とおっしゃっていました。私もまたパワーヨガに参加しますので、結果を報告したいと思います。

レッスンの時間と曜日は、毎週土曜日の夜8時から9時までと、日曜日の夕方5時から6時までです。

土曜日はパワーヨガが新しく加わったので、それ以降のレッスンの時間が変更になりました。詳しくはレッスンスケジュール表か、スタッフまでお問い合わせ下さい。




<文  伊藤 慧子>


Vol.37 筋肉痛(2005.9.9)

 最近、会員さんが歳をとったせいか筋肉痛が忘れた頃に出てくるとよく言うのを耳にします。本当に筋肉痛が遅れてでるようになると歳をとった証拠なのでしょうか?

答えを言うと年齢は関係ありません。若い頃は、普段から運動をしていることもあって、遅発性筋肉痛が起こりにくい状況にあると考えられています。そして、運動不足になりがちな年齢で生じる筋肉痛が遅発性のものであることが多いことから、「年をとると筋肉痛が遅く出る」というような俗説がひろまったと考えられています。

 筋肉痛の種類や起こる原因について簡単ではありますがお伝えしようと思います。

運動で起こる筋肉痛には「運動中」「運動中〜運動後」「運動後しばらくしてから」の3種類に分けられます。

 運動中の筋肉痛・・・筋肉への血の流れが少なくなり虚血状態になることで代謝物質が増え、痛みを感じる神経を刺激すること起こると考えられています。

 運動中〜運動後の筋肉痛・・・この筋肉痛は運動をやめると痛みがなくなる筋肉痛とは違い、長時間行う運動中に筋肉が痛くなり、運動後にも痛みが数日間続くことがあります。

この場合、運動中の筋肉痛には虚血状態が、また運動後の痛みには、遅発性筋肉痛が関係していると考えられています。

 運動後しばらくたってからの筋肉痛・・・一般的に言われている筋肉痛とはこのタイプのことで、運動中や運動直後には痛みはなく、慣れない運動や久しぶりに行った運動後、数時間から24時間程度経った後に痛み出し、1〜3日後にピークになり、5日〜1週間程度で自然になくなります。これを遅発性筋肉痛といいます。

慣れない運動や激しい運動によって、筋線維そのものが損傷したり、筋や腱の結合組織が損傷したりします。その損傷を修復するために炎症が生じて痛むと考えられています。損傷といっても筋肉が断裂するような強いものではなく筋細胞が微細なダメージを受けた程度です。その筋肉を動かさなければ痛むことはなく、運動を続けても回復が遅れたり痛みが増したりすることはありません。逆に運動を続けることにより痛みは軽減されると言われています。

筋肉は縮みながら力を出すよりも、伸びながらの方が大きな力を出せます。しかし、伸びながら力を出すときに関与する筋線維の数が少ないため、1本の筋線維に対する負荷が大きくなり、このため筋線維の損傷が起こりやすくなります。遅発性筋肉痛は筋肉を伸ばす運動の時に起こり、筋肉を縮めながらの運動や関節の角度が変わらずに力を出している時にはほとんど起こりません。

(伸張性活動の多い運動をしたときに、より筋肉痛が発生します)

実際の運動でいうと、ウエイトトレーニングの場合ならバーベルやダンベルを挙げるときではなく下ろすとき、登山の場合だと山に登るときではなく下りるときです。

 筋肉の回復には栄養と休養を取ることが大切です。運動をすると体内のたんぱく質の分解は促進します。したがって、運動後には分解したたんぱく質を合成し、元に戻す必要があります。たんぱく質の合成を促進するためには、グリコーゲンと一緒にたんぱく質を補給することが効果的な方法です。そこでウィダーアミノペプチドを紹介したいと思います。アミノペプチドは、たんぱく質のすべてがペプチドと言う酵素処理されて分子が小さくなったたんぱく質で、消化吸収にすぐれたプロテインです。そのうえ糖質も約30%配合されており運動直後の栄養補給には最適なサプリメントです。

またジョグメイトゼリーも体づくりをサポートする高タンパク食品です。BCAAの豊富なホエイタンパクを10g含んだゼリーで、糖質との組み合わせで、たんぱく質の確かな利用が期待できます。(そのうえ脂肪は含んでいません)携帯に優れ、たんぱく質の最適な摂取タイミングを逃さず摂取することができます。

このほかにも、いろいろなサプリメントを取り揃えておりますので、何か気になることや質問などございましたらいつでもスタッフまでお尋ねください。




<文  定守 毅>


Vol.36 ストレッチ(2005.9.1)

人間の身体は、数多くの筋肉(ここでは骨格筋をいう)によって支えられ、動かされています。この筋肉は日頃の生活、スポーツ、ハードなトレーニングなどにより緊張し縮んで固くなっていることがあります。筋肉がこういう状態だと筋肉自体が本来の弾力性を失い血行が悪くなり疲労物質がたまります。肩こり、腰痛などの原因にもなります。このような筋肉の疲労、緊張を取り除いてくれるのが「ストレッチ」です。

 ストレッチとは筋肉を「伸ばす」ということです。筋肉を伸ばすことで縮んで固くなった筋肉を弛緩させ弾力性を取り戻します。効果は運動前に行うことにより怪我の防止、運動後に行うことにより疲労回復、血行の促進、関節可動域の増大などがあります。

 ストレッチにも色々あります。筋肉を伸ばしながら、じっとしている「静的ストレッチ」。筋肉を伸ばす、緩めるを交互にリズミカルに行う「動的ストレッチ」。自分自身で行うもの、他の人によって筋肉を伸ばしてもらうもの。

 ここで紹介したいのが当クラブにおいて有償で実施しているパートナーストレッチです。20分弱で1050円と気軽でお手ごろです。内容は当クラブのスタッフが皆様の身体を筋肉の起始から停止にそってリズミカルに伸ばし、緩めます。伸張、弛緩のリズミカルな動きを作ることで全身の血行を促進させます。全身の血行の促進量では筋肉をポイントで刺激していくマッサージとは違い、施術時間を短時間に限定して考えた場合パートナーストレッチはマッサージとは比べものにならないくらい全身への血行促進に効果があります。またパートナーストレッチにはマッサージ特有のもみ返しもなく、すぐに競技、トレーニングに入っていくことができます。それは、パートナーストレッチは肩こり、腰痛の改善だけでなくトレーニングや競技の前後に行うことを視野にいれて構成されているからです。特に関節可動域の拡大、疲労回復にも素晴らしい効果があります。

 肩こり、腰痛、疲労の蓄積などがある方は一度、当クラブでのトレーニングで筋肉を活性化させ血行を促進し、さらにパートナーストレッチで自分一人では伸ばすことのできない角度まで無理なくストレッチしてみてはどうでしょう?体感して頂いた会員さんからは肩こり、腰痛、身体の疲れが癒えたという声はもちろん、「非常に気持ちよかった」「値段分の価値は十分に満たしている」「よく眠れた、朝の目覚めが気持ちよかった」などの声をいただき大変、好評です。僕自身、会員の皆様にパートナーストレッチを実施しながら1050円でパートナーストレッチを受けたいと強く思うのですから大変お勧めです。

  ストレッチは工夫すれば場所を選ばず、また道具を使わず、気軽に簡単にできるものです。それゆえにストレッチ自体がいい加減になってはないでしょうか?もう一度しっかりフォームをチェックしてストレッチしている筋肉をしっかり意識することにより、一層効果が増します。あとストレッチは身体が温まっている時が効果的なので軽い有酸素運動の後、風呂上りなどが良いでしょう。柔軟性は人それぞれです。競うことなく気持ちよく、リラックスできる状態で行わなければいけません。ゆっくりと呼吸ができる状態で決して痛みがあってはなりません。痛みがあるとストレッチしているという行為で筋繊維を傷つけ怪我の直接的な原因となるからです。正しいストレッチの方法は当クラブでもしっかりと指導しています。是非この機会に正しいストレッチ覚え、また確認し日頃の生活に取り入れ全身をリラックスさせ心身ともにリフレッシュしましょう。




<文   濱崎耕平 >


Vol.35 栄養サポートシステム(2005.8.18)

健康な生活を送るためには、運動習慣と食事の充実が最重要課題と言えます。
競技者の方やダイエット中の方等も食事の摂取タイミングと内容には十分に気を使わなければなりません。
それぞれの方の目的や目標によって食事の内容は変わっていきます。
そこで、普段の食事が気になる方や目的に合わせた食事の摂取内容を参考にされたい方々に当クラブの栄養サポートシステムをご紹介させて頂きたいと思います。
栄養サポートシステムはそれぞれの方の食事に基づき様々なアドバイスを図や表にして解りやすく説明してあります。
食事のアドバイスを担当しているのは、以前マラソンの高橋 尚子選手の食事管理をされていた河合 美香さんです。
個人の生活習慣や運動量に合わせて必要なエネルギーやビタミンを計算した所要量や現在の摂取量の過不足・充足率も表示しているので、現在の自分の栄養状態がよく解ります。
実際に私が栄養サポートシステムで食事のチェックをして頂いたので、少しお伝えさせて頂きます。
 私の目的はダイエットに効果的な食事方法です。
私の場合は、スタッフに相談せずに思い込みでダイエットをしていたので根本的な考え方が間違っていました。「ダイエット食事=食事の量を減らす」。
普段は良く食べる方なのですが、この2週間は減量目的で一気に食事の量を減らしました。
朝食はいつも通り摂取しましたが、昼食はパンを一つにしたり時には食事を抜くこともありました。 夕食は炭水化物を抑え、サラダを中心に摂取していました。
このように、減量をする時は食事の量を減らす方もおられると思います。
私は、週に3〜4回は運動をするようにしていますが、このような食生活ですと勿論健康的で効果のあるダイエットはできません。
自分の目的・目標に合った食事へのアドバイスを専門家である河合さんが担当致します。
私の最終結果としては、全ての栄養摂取量が不足していましたのでこのままこの食事を続けていれば筋肉や骨などの組織や、血液成分を低下させ、健康状態を悪化させるとともにリバウンドをしてしまう可能性があることが解りました。 
自分では減量の為に良いと思う食事でしたが、非常に健康を損なう食事法だということがはっきり解りました。
 その後の食事は、栄養サポートでアドバイスして頂いた通り過度の食事制限を避けることにより食事制限によるストレスもなく、必要な栄養摂取量を特に気を付けて摂取しております。 現在は、効果的な食事と運動を続けています。
最後に私に合った食事摂取方法を丁寧に解りやすくアドバイスしてもらえるので非常に自分の為になりました。
栄養サポートシステムは入門バージョン(1日の食事チェック)と実践バージョン(3日間の食事チェック)の2種類ございます。
入門バージョンは840円・実践バージョンは2100円です。入門バージョンでは1日の栄養食事摂取量を細かく分析して頂けますが、更に詳しく・確実に分析して頂きたい方には実践バージョンをおすすめ致します。
詳しくは当クラブに掲示しておりますので、いつでもお尋ね下さい。




<文   藤原>


Vol.34 脳卒中(2005.8.12)

脳の血管が詰まったり、破れることによっておこる脳卒中の情報をお伝えしたいと思います。

 脳卒中とは、脳の血管になんらかの障害が起こり、脳神経細胞が損傷を受けたり、壊死に陥る病気の総称です。
 脳の神経細胞は、血流がとだえると酸素や栄養分の供給を受けることが出来なくなり、こうした状態が4〜5分間続くと、修復不可能になります。その結果、からだの麻痺や意識障害などさまざまな症状があらわれます。脳の血管に障害が起こる病気としては、以下の3つがあります。

脳梗塞・・・脳の血管でできた血栓が詰まって起こる「脳血栓」と、脳以外の場所でできた血栓が血流に乗って脳血管に流れてきて詰まる「脳塞栓」の2つがあります。なかでも、不整脈や狭心症などの病気によって心臓でできた血栓が原因となる「心原性脳塞栓症」が多く見られます。脳梗塞では、血管が詰まったために血流が阻害されて、脳神経細胞が損傷を受けます。
 
脳出血・・・脳血管が動脈硬化によってもろくなっており、そこに高血圧が加わることによって血管が破れて、脳内で出血するものです。脳内に血腫ができ、これが脳神経細胞を圧迫して脳にむくみが起こると、さらに損傷が大きくなります。

 くも膜下出血・・・脳をおおう軟膜とくも膜の間で出血が起こるものです。脳動脈に瘤ができ、高血圧によって瘤が破裂して出血することが原因です。先天性に脳の動静脈に異常あるために起こることもあり、この場合は比較的若い年齢の人に発生します。脳卒中の中では最も死亡する危険が高く、発症直後の緊急処置が生死を分けるといえます。

 主な原因・・・脳卒中は、脳血管の動脈硬化に加えて、血栓ができることが原因です。
したがって、動脈硬化や血栓をつくる要因は、すべて危険な要因と考えていいと思います。なかでも最大の危険な要因といえるのが高血圧です。動脈硬化を促進させ、血管内腔(血液の通り道)を狭めたり、血管を傷つけるなど、かなり大きなダメージを与えます。
 そのほか、動脈硬化を促進させたり、血栓をできやすくさせる糖尿病や高脂血症、狭心症などの心臓病、といった病気も重大な危険な要因といえます。
 さらに、これらの病気を招く肥満や喫煙、大量の飲酒、ストレスも危険な要因として挙げられます。

 発生や再発を防ぐには水分補給が大切です。血液の粘りが増すと、血栓ができてつまりやすくなります。喉が渇いたと感じた時には、すでにからだは水分不足になっています。
 したがって、喉の渇きだけを目安にせず、汗をかいたとき、起床時と就寝前、食後、冷暖房中など意識して水分をとり、最低でも1日に1〜2?の水分をとるよう習慣づけてください。

脳卒中などの生活習慣病の発生を防ぐために重要なことは、生活の中に運動を取り入れる事と食事の見直しなど生活習慣を改善することが大切です。
適度な運動をする事で、血圧・コレステロールや中性脂肪・血糖値・体脂肪率・ストレス解消など、あらゆる数値が改善されます。当クラブでは、ウエイトトレーニングからスタジオレッスンまで個人個人にあったメニュー・プログラムを作り生活習慣の改善のお手伝いしております。
また、栄養サポートで適切なアドバイスを受けることが出来るので一度ご自分の食生活も見直してみてはいかがでしょうか。
質問などございましたらいつでもスタッフにお尋ね下さい。




<文  定守 毅>


Vol.33 膝関節(2005.8.2)

痛めた覚えがないのに膝が痛いとよく耳にします。何故、膝関節が痛くなるのでしょうか?
 まず、膝関節の構造について簡単に説明します。膝関節は大腿骨、頚骨、ひ骨、膝蓋骨の四つの骨、そして前十時靱帯、後十時靱帯(前後のぐらつきを防ぐ)。内側側副靱帯、外側側副靱帯(左右のぐらつきを防ぐ)。内側半月板、外側半月板から構成されています。

 中高年から膝の内側に痛みが生じることが多くなります。もちろん外側や膝蓋骨の裏側などが痛むこともありますが、これは加齢と共に関節の軟骨が弾力性を失い、磨り減り、その結果、骨と骨が擦れあい痛みを生じるのです。この症状を改善するのには当クラブでも販売しているスーパージョイントをお勧めします。関節軟骨の構成成分であるグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなどが含まれており膝に痛みのある方には、是非お勧めです。

 次に今回の健康情報で書きたいのは、ここからです。
 膝関節というものは元々、人が生涯、無事使いきれる保障の少ない関節です。70年、80年と使える強度がないのです。体重を支えたり跳んだり跳ねたりの衝撃を受け続けられないのです。肥満などで体重の増大は膝関節に大きな負担をかけます。
 そこでどうすればよいのでしょう?膝関節の周りの筋力をUPするということも大変
大切なのですが、まず膝関節に負担をかけない動きを身につけるということです。具体的にいうと股関節を使った動作を身につけるということです。デリケートな膝関節に比べて股関節は球関節といって骨盤のくぼみのなかに大腿骨の骨頭が入っています。付着している筋肉の制限がなければ360度、動きます。また付着している筋肉が大きいため痛めにくく大きな力がだせます。この股関節を上手く使うことが膝関節を痛めないと同時に効率の良い力の伝達を生むため、体の機能性の向上につながるのです。まず股関節の柔軟性が必要です。これは股関節だけに限りませんが膝関節の負担を和らげるには、まず股関節の柔軟性を高めることです。しかし体はすべてが連動して動きます。ですから全身の柔軟性を高めるということが大切です。股関節を上手に使うために弛緩すべき筋肉、緊張すべき筋肉をより意識できるようになることです。これらのことをクラブコングでは、個人の身体の状態に合わせたメニューで指導させて頂いております。実際に膝関節の痛みだけでなく腰、肩の痛みもなくなったと喜んで頂いております。僕達は何よりも大切な心身の痛みのない健康な生活を送るために本当に必要なものを提供できると自負しています。ゆっくり、できることから始めてみませんか。




<文   濱崎 耕平>


Vol.32 施設紹介(2005.7.28)

このページをご覧頂いている皆様が、スポーツ(フィットネス)クラブに通おうとお考えになった時には色々な施設を見学され、各施設の雰囲気をご自分の眼でお確かめになり、ご自分に一番合ったと思われるクラブを探されるのではないかと思います。
 そこで、当クラブに興味を持って下さっている方やこれから見学に来てみようとお考えの方々に当クラブの施設を少しでも分かって頂けるよう、ご紹介させて頂きたいと思います。
まず、入り口を入って頂くとすぐにマシンフロアの一番奥に設置してあるTVが眼に入ります。
 トレーニングされる会員の方が音楽だけでなく、映像など視覚からも刺激を受け、更に前向きな気持でトレーニングをして頂けるように色々なアーチストのPVや音楽番組を流させて頂いております。
トレーニングプログラムやマシンの充実度以外にも、おしゃれで上質な施設の雰囲気、居心地の良さにもこだわっており、常に会員さんが気持ちよく施設をご利用して頂けるように心がけております。
 1Fマシンジムでは毎回トレーニングの前に血圧等の測定をしていただいております。
特に高齢の方はその日の体調により運動内容を細かくチェックし、健康のために安全で効果的なトレーニングを行って頂けるように細心の注意を払っております。
 また、遠方からアスリートの方やプロの選手の方が競技力向上を目指しパワーチェンジトレーニングを実践されるため、合宿システムをご利用頂いて多くの方に来館して頂いております。身体の間接角度測定やパートナーストレッチ、ビジョントレーニング、パワーチェンジトレーニングの指導など短期間に集中してご利用頂く形式で、多々ご予約を頂いております。
 プロの選手やアスリートの方々も沢山ご利用されており、当クラブ独自のトレーニングを指導しているので特殊なスポーツクラブという側面もございますが、大半の方々は一般の方、もしくは入会するまで全く運動をされた事がない方です。トレーニング経験の無い方でも入会されたら、マシンの使い方からトレーニング、健康の基礎知識など、しっかりと専門トレーナーがご指導させて頂きますので安心してご利用頂けます。 いつでもマシンフロアでトレーナーが常駐しご指導させて頂いておりますのでトレーニングについてご不明な点や興味のある事等ご遠慮なくご質問下さいね! 
2Fスタジオでは、レッスン内容によってガラリと雰囲気が変わる程、沢山のバリエーションが整っております。
エアロビクスでは初級クラス・中級クラアス・上級クラスまでございますが、インストラクターの方が前で指揮を取り、わかりやすいように教えてくれます。
しかし、頭ではわかっていても体が思うように動かないこともありますよね!
特に運動を始めたばかりの方は思うように体が動かなくて、向いていないのかと思われる方もおられると思いますが、全くそのようなことはありません!!
 最初はうまくいかない事でも続けて参加していただければ、気がつかないうちに自分の身に付いていくものです。
 中級・上級クラスと、どんどんレベルアップを目指して頂くと更に楽しくレッスンを受けて頂けるのではないでしょうか。 男性の方では、ボクササイズや格闘技の要素を使ったシューティングエクササイズなど、迫力があり格好良いレッスンもございますので体験してみてはいかがでしょうか。
3Fジャグジーバスでは、アロマの香りとの相乗効果で心身共にリラックスして頂けます!

トレーニングやスタジオで皆様が汗を流して頑張っておられるので、そのエネルギーを分けて頂くかのように当クラブで楽しく、確実な知識と共に着々と目標に近づきながら運動ができる!それが私にとってスポーツクラブの魅力の一つだと実際に当クラブでトレーニングやスタジオに参加させて頂き実感致しました。
 このような環境があってこそ確かな目標ができ、その目標に向かって頑張れる!それが私の楽しみの一つでもあります。


<文   藤原>


Vol.31 熱中症 (2005.7.22)

梅雨もそろそろあけて夏本番の迎える時期になりました。毎年ニュースにのぼってくるもののひとつに熱中症があります。今回は熱中症の情報をお伝えしたいと思います。

熱中症とは、暑い環境下で運動や作業をすることによって発生する障害の総称で、熱失神、熱疲労、熱射病、熱痙攣、などに分けられます。

熱中症は体温が異常に上昇し発汗が停止するとともに、虚脱や痙攣さらには、意識障害を起こし、生命の危険をともなう非常に怖い症状が特徴です。

 運動中は、筋肉中で多くのエネルギーが生産されるため、体が多くの熱を生産し、体温が上昇します。体は常に一定の体温を保とうとする性質があるため、皮膚表面から汗を出すことによって上昇した体温を下げようとします。しかし発汗が続けば、体内の水分が減少するため、発汗した水分を補給しないままでいると、体内中の水分量はどんどん減少していってしまいます。そうなると、体温調節機能が低下し「熱中症」となる危険性が高くなってしまいます。

特に気温も湿度も高い夏場は、熱中症予防のために、運動時は「水分補給」がかかせません。喉の渇きを感じた時には、すでに体内の水分量はかなり減少している状態ため、水分補給は早めの対応が重要です。脱水をさけるため、喉が渇く前にこまめに補給するようにしてください。

  • 熱失神・・皮膚血管の拡張によって血圧の低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。顔面蒼白となり、脈は速くて弱くなります。
  • 熱痙攣・・大量に汗をかいたときに、水だけしか補給しなかったために血液の塩分濃度が低下して、足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなった痙攣が起こります。
  • 熱疲労・・脱水による症状で、脱力感、めまい、頭痛、吐き気などがみられます。
  • 熱射病・・体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態でめまい、頭痛、吐き気、脱力感、意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識が無い)が起こり、放置すると死にいたることもあります。

汗の99%は水分ですが、残り1%は塩分やカルシウムといったミネラルです。

ミネラルは体の中に微量に存在して、体の機能を維持したり調節するのに大切な役割を果たしています。

そこで、失ったミネラルを補給するためにもコントレックスをご紹介します。コントレックスの魅力の成分は、何と言ってもカルシウムやマグネシウムなどミネラルが豊富に含まれていることです。コントレックスは500ml中、牛乳瓶1本分と同等のカルシウムとアーモンド10粒分のマグネシウムが含有され、そのうえカロリーがゼロなので不足しがちなカルシウム・マグネシウムの補給にも最適なミネラルウォーターです。 ミネラルウォーターは硬度によって「軟水」「中硬水」「硬水」と大きく3つに分かれます。硬度とは、水の中にカルシウムとマグネシウムがどれぐらい含まれているかを数字で表したものです。一般的に硬度が100以下のものは「軟水」、100〜300だと「中硬水」、300以上が「硬水」と言われています。コントレックスの硬度は1551と非常に豊富な成分が入っています。運動前後や運動中にコントレックスで水分&ミネラルを補給しながら運動をしてみてはいかがでしょうか。


<文   定守>


Vol.30 活性酸素(2005.7.14)
生活習慣病、癌、お肌のシミ、シワ、脳障害などの老化現象などの原因となる活性酸素。 今回は、その活性酸素について書きたいと思います。

まず、私達は呼吸によって酸素を取り入れて生活しています。酸素は身体に取り入れた食べ物をエネルギーに変える時に活躍するのですが、人の場合2000キロカロリーの食べ物をエネルギーに変えるため500リットルの酸素を必要とします。体内で消化吸収された食べ物は血液中の赤血球によって身体の細胞に運ばれます。さらに細胞内のミトコンドリアでATP(アデノシン三燐酸)、ADP(アデノシンニ燐酸)という熱エネルギーを蓄えた分子を作る時に酸素は使われます。この時、一部(2%程度)が活性酸素という非常に酸化性の強い物質に変わります。酸化とは酸素の特徴のひとつで酸素が他の物質と結びつくことです。例えば空気中でものが燃えることは、そのものが酸素と結びついて炎をだしながら激しく酸化しているのです。鉄がサビたり、むいたリンゴが茶色く変色するのも酸化です。
活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスを溶かすために必要な物質です。しかし活性酸素が多過ぎると細胞まで酸化させてしまい、身体のあらゆる組織に害を与え老化や癌、生活習慣病を引き起こします。最近の研究では生活習慣病の原因の九割が活性酸素であることがわかってきました。
 活性酸素は通常、抗酸化酵素(SOD)、タンパク質、ビタミンなどによって無害化されます。しかし抗酸化酵素(SOD)をつくる能力が加齢と共に徐々に低下していくのです。活性酸素は私達の身体を形成する細胞に悪影響を与えるので老化現象やそれに伴うさまざまな病気の根本原因であり活性酸素は万病の元といえそうです。若さと健康を保つには、まず活性酸素を除去しなくてはなりません。
 まず活性酸素を減少させる生活習慣と食事を心がけましょう。禁煙、適量の飲酒、日除けなどの紫外線対策を行いましょう。運動は無理せず軽めにゆっくりと仕事や生活にメリハリをつけリラックス。食事はバランスを考え抗酸化作用のあるサプリメントなども上手に利用してみましょう。
  ここで活性酸素と抗酸化物質について書きます。活性酸素は段階を踏んで狂暴化し摂取する抗酸化物質も違ってきます。

 まず、細胞内のミトコンドリアで発生するのが比較的、酸化力の弱いスーパーオキシドラジカルです。抗酸化酵素(SOD)が分解に働きますが加齢などでこれが不足した時ビタミンE、ポリフエノールが有効です。
 スーパーオキシドラジカルは分解されると水と過酸化水素になります。過酸化水素が第二の活性酸素で血液中に入って血管壁を傷つけます。カタラーゼという酵素が徐々に働きますが、これを補うのがビタミンCです。
 さらに傷ついた赤血球から流出した鉄分に過酸化水素が反応すると非常に悪性の強いヒドロキシラジカルに変わります。細胞核内のDNAを傷つけ癌の原因となります。これを除去してくれるのがCoQ10(コエンザイムQ10)です。
 この他、紫外線を浴びた皮膚に発生する一重功酵素というものがあります。シミ、シワの原因となる活性酸素です。これにはβ―カロチンが有効です。

 ここで紹介したいのがクラブコングで販売しているCoQ10です。抗酸化作用のあるCoQ10とバイオペリンという黒こしょうにはいっている成分が入っています。バイオペリンは、CoQ10、ビタミンの吸収率を上げます。他にビタミンC、Eを含んでいるため非常に活性酸素の除去に効果を発揮します。この機会に一度、試してみてはどうでしょう?いつまでも若々しく健康でいるためにクラブコングで体の機能性を上げるトレーニングとCoQ10をお試し下さい。CoQ10に限らずサプリメントは薬と違い栄養補助食品です。あまり即効性はなく続けることに意味があります。チリも積もれば山となるではないですが長い間続けることで効果が得られます。


<文   濱崎 耕平>


Vol.29 リラクゼーション(2005.7.11)
スポーツクラブは、筋力トレーニングをしたり有酸素運動であるエアロビクスエクササイズで汗を流したり、体を鍛えたりダイエットをしたり運動不足の解消、または健康の維持など色々な目的でご利用されている場所です。
どのような目的であっても続けて頂けないと効果も実感しづらく、結果もでないことが多いです。それは、皆様もご理解されていると思いますが、実際続けることは思ったよりも困難で結果が出る前に挫折してしまう方も多いと思います。
楽しく目標を達成することが理想です!
スポーツクラブは汗を流してしんどいことばかりではありません。
そこで今回は私がおすすめの、クラブコングで楽しくご利用回数を増やして頂くリラクゼーションメニューをご紹介いたします。
まずは、スタジオレッスンから大人気メニューのヨガをご紹介いたします!
インストラクターのもと、ゆっくり心と体を休め、最後には寝てしまう方もいらっしゃるほど気持ちよくレッスンを受けて頂けます。
若い方から年配の方まで幅広く参加して頂いております。
初めての方でも気軽に参加し続けて頂けるレッスンです。
癒されながら体が健康になっていくので是非参加してみて下さい。
次に昨年から導入したばかりの新システムでパートナーストレッチをご紹介致します!
パートナーストレッチは自分一人でストレッチするのではなく当クラブのスタッフがパートナーとなり日ごろ伸ばせない筋肉までしっかり伸ばせるため、日常の生活で感じている凝りや緊張感を取り除くことができます。
ストレッチの後はマッサージのようなもみ返しもなく、非常に体が軽く感じて頂けます。
短時間での施術による全身の血流促進効果はパートナーストレッチが最も効果的だといわれています。
お忙しい方も短時間でリフレッシュすることができるので本当におすすめです(^O^)
もちろん私もパートナーストレッチを経験したことがありますが硬くなった筋肉をジワジワと和らげ痛いというよりすごく気持ちよくて寝てしまいそうになります^^;
お仕事後の疲れた体を癒したい方も予想以上の効果を実感できますよ!!!
15〜20分ゆっくり時間をかけて全身を伸ばすので気分転換などにとてもおすすめです☆ 1回1.050円は非常にお値打ちで更にチケットなら1回分無料になるのでお気軽にお試し頂けます☆

最後になりますが、ジャグジーバスにアロマの香りを取り入れましたのでご紹介させて頂きます。
アロマの芳香にはリラクゼーションのみならず、ストレス解消効果など様々な薬効があるといわれています。
ジャグジーバスの水流効果とリラクゼーション効果が同時に心地よい気分にさせてくれるので、トレーニング後やストレッチ後にゆっくりご利用していただき、心身共にリフレッシュしてください(^^♪
アロマを置いてから、私もジャグジーにハマッてしまい毎日ジャグジーを利用しています! 本当に気持ちよくて家に帰っても体が軽く疲れが取れています!
当クラブはアスリートのための特殊なトレーニングをご想像されている方も多いと思いますが、一般の方のご利用も多く有酸素運動やスタジオレッスンはもちろん、このようなリラクゼーションメニューも沢山ありますので是非楽しんで頂ければと思います。


<文   藤原>



Vol.28 七夕特別レッスンについて(2005.7.4)
7月6日(水)・7日(木)・8日(金)に七夕特別レッスンと題して3日間限定でスタジオレッスンの内容をガラリと変更し、皆様に楽しんで頂こうと、このような企画を実施することにしました。
 いつも当クラブのレッスンを楽しみに通って頂いている方も沢山おられますが、更に新鮮な感覚でレッスンを楽しんで頂ければ…と思います。
 また、1Fマシンフロアのみご利用頂いておられる方には、是非この機会に自分に合ったレッスンをみつけて楽しんで頂ければなと考えております。 
 内容の方は当クラブならではのスペシャルレッスンばかりで、インストラクター同士が一緒にレッスンを行う合同レッスンや、会員さんのリクエストにお答えして各インストラクターのお楽しみ特別レッスンを導入致しました。
 更にユーモアなレッスンでは、夏ならでは、浴衣を着てラテンエアロを踊ったり、学園天国の音楽に合わせて制服やユニフォームなどお好きな衣装を身に着けて踊るコスプレエアロなど、この暑い夏を吹き飛ばすような楽しいレッスンが勢ぞろいしております。
 レッスン以外にも卓球大会やビンゴ大会など、熱く・楽しい遊びもご用意しております。
 もちろん、豪華商品もございますのでみなさん良い景品をGETしに来て下さい!
 当クラブの一番の狙いは、身体の機能性向上です。いままで、苦しかったり、難しく感じた事が楽々と出来る様に本来自分が持っている能力を活性化することです。個人個人の目標を達成するために私たちが個々に合ったメニューを作り安全で効果的なトレーニングを指導しております。
昨年から、ビジョントレーニングやパーソナルトレーニングなど沢山のメニューを導入しました。合宿システムを利用され、他府県からもトレーニングに来られる方など増えてまいりました。私たち、クラブコングのトレーニングを皆様に理解して効果を実感して頂ける様に努力していきたいと思います。
 
スタジオレッスンも優秀なインストラクターばかりで当クラブならではの楽しいレッスンをご用意しておりますので、この夏を乗り越え健康な身体を作りたいこの時期にも是非私たちがお手伝いいたします。
 気になるご質問なども遠慮なくお尋ね下さい。いつでもお答えいたします。


<文   定守>



Vol.27 梅雨が終われば・・・(2005.6.27)
梅雨が終われば、もう夏です。気温も上がり、日差しも強くなってきます。着る物も薄くなり男女ともに体のラインが気になるものです。会員さんからもダイエットの相談が増えてきました。今回は、誰にでも実践できるダイエットの基本を書きたいと思います。
 
 健康的なダイエットの基本は、まず食生活の見直し、そして適度の運動です。

 食事の基本は、バランスのとれた食事を三度きちんととることです。だらだら食べ続けるのではなく間食をなくしメリハリをつけた食生活を送ることです。こちらについては、当クラブの栄養サポートシステムをお勧めします。オリンピックメダリストなどの栄養指導の専門家の方が食事の傾向を分析して目的にあった食生活をサポートしてくれます。また自分自身で食べたものを書き出すことにより偏った食事を認識して改善できると思います。そして腹八分目をまもりよく噛んでゆっくりたべることです。これには満腹中枢を刺激するという狙いがあります。
 
 満腹中枢は食べ始めてからすぐに働くわけではありません。食事を始めて約20〜30分後に「お腹一杯」という指令を大脳に送ります。食べるペースの早い人は満腹中枢が満腹と感じるまでに食べ物を次から次ぎへと胃のなかに放り込むことになります。どうしても食べすぎてしまいます。つまりカロリー過多になり太りやすいのです。ですから痩せようと思うならゆっくり食べることです。最低でも20分以上はかけましょう。コツはよく噛んで食べることです。よく噛んでゆっくり食べることにより満腹中枢を刺激し食事の量を適度な量に保てます。またよく噛むことによって消化、吸収を助け胃腸の負担を和らげます。一番、駄目なのはダイエットだといって食べないことです。体重が減るのは一時的なもので必ずリバウンドします。また体にかかる負担も大きく健康的ではありません。しかし、太るということは、やはり食べすぎが大きな割合を占めます。「腹八分目に医者いらず。」という言葉があります。よく噛みゆっくり食べ満腹中枢を刺激しながら食事しましょう。

 そして運動です。運動といっても何をどうしても効果がある訳ではありません。当クラブでは個人の目的、体力に合わせたメニューを作成し指導しています。有酸素運動とウエイトトレーニングを効率よく行うことにより健康的にダイエットすることができます。有酸素運動だけでは体組成といって体の中の脂肪と筋肉の割合は変わりにくいです。有酸素運動で脂肪の燃焼を促進させるだけでは最も高い効果をねらうには物足りません。ですからウエイトトレーニングを行うことにより筋肉の割合を多くして痩せやすく太りにくい体をつくります。しかし、女性や高齢者には特に適切な指導が欠かせません。当クラブで推奨するトレーニングは従来の筋肥大を目的としたトレーニングではなく適正なタイミングによる筋収縮とリズミカルな動作により筋肉のポンピング作用を促進させ全身に血液をいきめぐらします。それにより筋肉を活性化させ基礎代謝を上げます。

 食生活を見直しよく噛み満腹中枢を刺激しながら食事し当クラブでのスタジオレッスン、TVのついたトレッドミル、いつもおしゃれな映像と抜群の音響が楽しめるエアロバイクで汗を流し当クラブで推奨するトレーニングで筋肉を活性化させ健康的なダイエットを始めましょう。必ず生き生きした体で人生において最も重要な健康を手にすることが出来ます。


<文   濱崎耕平>



Vol.26 スタジオレッスン(2005.6.16)
当クラブにはとても豊富なスタジオメニューがそろっております。
レッスン時間や強度もそれぞれ違い、初心者の方向け〜上級者の方向けまで会員さんが、より沢山選択できるようにとプログラムを作っております。
 エアロビクスはエアロビクスでもそのレッスンによって全く違うタイプのレッスンができるので飽きる事なく楽しんで頂くことができます!
沢山あるメニューの中で今回は日本の曲に合わせて踊る少し珍しいタイプのエアロビクスのレッスンをご紹介いたします!!
 このレッスンは月に1回、曲が変わり、今月は郷 ひろみの「およめサンバ」でレッスンをしております☆
 1ヶ月間同じ曲で踊るので2〜3週目にはしっかり覚えてとても楽しくレッスンに参加することができます☆
私もこのレッスンに参加し、ストレス発散しています!(^^)!
 先月は松浦 亜弥の「桃色片想い」の曲を可愛らしい振り付けで踊りました!
今は夏に向けて二の腕やヒップを意識した動きをたくさん取り入れてくれたりしています。
ハードな動きでも音楽に合わせて踊ることで楽しい気分で効果のあるレッスンを受けることができます。 沢山の人気レッスンが勢揃いしており格好いぃ〜先生方達の楽しいスケジュールをご用意しております(^^♪
プログラム表を見ただけでは、どのようなレッスン内容かはっきりわからないと思います。 
いつでも当クラブに足を運び、レッスン風景等をみて頂きみなさんに合ったレッスンをみつけだして頂ければな☆と思います。
 
 アミノ酸飲料について少しご紹介させて頂きます。
当クラブの商品であるアミノバリューは1本あたり(500mI)にはBCAAが2000mg含まれています。
(バリン500mg・ロイシン1000mg・イソロイシン500mg)
BCAAは、筋肉でエネルギー源となる唯一の必須アミノ酸なので運動時の力強いサポーターになります。また、筋肉量を減らさずにエネルギーになることからダイエットで基礎代謝の高い体を目指したい方にピッタリです☆
 
なんと!!! 新商品 アミノバリューWという商品が発売しましてこれまでご紹介してきましたBCAAの量が4000mgと倍になりました〜ッ!!!
アミノ酸の中でも代表的な苦味のあるBCAAなので飲料水としては難しいことだったのですがアミノバリューは初めておいしい飲料水として製品化されました★
アミノバリューWもとても飲みやすく会員さんにも大好評です!!!

現在、超特価で販売している VAAMと コルディアFeについてご紹介いたしま〜す!!!
17種類のアミノ酸の絶妙な組み合わせで完成した商品こそが VAAM です。
スポーツをする時、人は体内にあるエネルギーを使います。その主なエネルギー源は糖質(グリコーゲン)と体脂肪です!
体脂肪は燃えにくく、エネルギーに変わるまでに時間がかかります。
しかし、運動開始からすぐに体脂肪を燃やして効率よくエネルギーとして使えば膨大なスタミナが得られることとなります☆
また体脂肪を優先して使うことで瞬発力を生む糖質を保存できるため、ここ一番でパワーを発揮することができます!!
体脂肪燃焼には欠かせませんね☆
 
最後に コルディアFe です!
 体内に取り込める酸素量を増やすことができれば、スポーツ時の高いスタミナを維持することができます。スタミナを必要とする多くのアスリートにたちにとって、最大酸素摂取量は最も重要な指標のひとつといえます。
 酸素摂取の要である心肺機能の維持、そして体内への酸素運搬に必要な鉄分をスムーズに着目したのがコルディアです★
 おいしいので毎日飲めますよ!!!
とってもお買い得なので是非この機会にお試し下さいね!!


<文   藤原>



Vol.25 高血圧症(2005.6.6)
 今回は血管を傷つけ、脳や心臓に重大なダメージを与える高血圧症の情報をお伝えしたいとおもいます。

 私たちのからだは、心臓から送り出される血液が全身を循環することによって生命を維持しています。心臓が収縮・拡張してポンプのように働くことで血液を循環させています。血液が血管を通るとき血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。
 血圧の値には、いわゆる上の血圧と下の血圧があります。正確には、上の血圧とは心臓が収縮するときの「収縮期血圧」、または「最大血圧」といい、下の血圧とは心臓が拡張するときの「拡張期血圧」、あるいは「最小血圧」のことをしめします。
 高血圧とは、血液が血管を通るとき血管にかかる圧力が高い状態のことです。なぜ、高血圧がいけないかといえば、血管に加わる圧力が強いので、血管が傷つきやすくなるからです。
脳や心臓などの重要な臓器の血管が傷つくことは、生命に関わる重大な病気の原因となります。もちろん、強い圧力を必要とするので、心臓にも大きな負担となります。
つまり高血圧は、血管や心臓に障害をもたらすことになります。 

 最近では、高血圧の診断基準がよりきびしくなりました。
基準値は収縮期が130mmHg未満、拡張期が85mmHg未満です。収縮期、拡張期のどちらひとつでも基準値を超えていたら高血圧症です。

 主な合併症・・・高血圧は、ほとんどといっていいほど自覚症状はありません。
 なかには、合併症の症状が先にあらわれることもあります。合併症は命に関わるものがおおく、症状が出たときには危険なこともあり、注意が必要です。
 合併症が起こる最大の原因は、高血圧による動脈硬化です。血管の弾力性が失われてかたくなったり、血管内腔が狭くなって血液が流れにくくなったり、血栓が狭くなった部分に詰まってしまうこともあります。これが、脳の血管で起これば脳梗塞を心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞を引き起こすことになります。

主な原因・・・日本人の高血圧の約9割は原因が特定できない高血圧で、これを本態性高血圧と呼んでいます。このほかの高血圧を、二次性高血圧といいます。
 食生活や生活習慣も深く関係しています。その代表的なものが「塩分の摂取量」「肥満」「運動不足」「飲酒」「喫煙」「ストレス」などです。
 例えば、喫煙は、動脈硬化を促進して動脈血管の弾力性を損なわせます。当然、血圧も高くなります。また、ストレスは交換神経を活発化させ、昇圧ホルモンの分泌を促します。その結果、血圧を上昇させてしまいます。

血圧をさげるために重要なことは、生活の中に運動を取り入れることと、日頃の食事を見直すことです。
(原則として高血圧で運動が進められるのは、軽症〜中等症の人です。重度の高血圧の場合は、医師の許可を得て安全に行うことが重要です。)
当クラブで行うウエイトトレーニングは従来のウエイトトレーニングと異なり、力みなどによる急激な血圧の上昇を抑えます。血圧に負担をかけないことから安全かつ効果的にトレーニングができます。
また、食生活については新プログラムである栄養サポートで適切なアドバイスを受けることも出来ます。健康体操やエアロビックマシンなどで適切な強度の運動を続けることで生活習慣病の危険を予防したり、進行を遅らせたりすることができます。運動を続けることで中性脂肪の減少やストレス解消にもなります。
 皆様の健康な生活のお手伝いをしていけたらと思っています


<文   定守>



Vol.24 会員さんとの会話から・・・(2005.5)

近頃、気温が上がりはじめ、着る物も薄くなり会員さんとの会話に「筋肉をつけたいんですけど・・・。」という話題がよくあがります。男性、女性の割合は、男性の方が圧倒的に多いのですが最近では、女性の方ともそんな話をすることが多くなったように思います。その話の先によくいわれることは、「筋肉が脂肪になる、脂肪が筋肉になる。」という話です。筋肉は、なくなったり何かに変わったりするものでしょうか?実は、筋肉は、筋線維というものが束になっています。この筋線維の数には、個人差があり、みんなが一緒では、ありません。母親の体内にいるときに増殖して、生まれてから数年で増殖は、終了します。脂肪細胞も同じで、ある年齢で増殖は、終了するといわれています。ですから筋肉が脂肪に、脂肪が筋肉にかわるということは無いのです。筋線維のことだけをいえば、太くなる、細くなる、という言い方が正しいのです。筋肉がついたということは、筋線維が太くなることを、筋肉がなくなったということは、筋線維が細くなるということです。
 
筋肉は、一本、一本の筋線維が束になっているのは言いました。筋線維も筋原線維が束になってできています。筋原線維は、アクチンとミオシンというタンパク質から成り立っています。アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが互い違いに並んでいます。このミオシンフィラメントの中にアクチンフィラメントが滑り込み筋線維が短くなり筋収縮が起こるのです。わかりやすく例えるとミオシンフィラメントを筒状のものにアクチンフィラメントを棒状のものに例えてみましょう。筒の中に棒が入っていくのです。この棒が筒から抜けなかったらどうでしょう?筋収縮はされません。ですが、筒から棒がたくさん抜け、筒と棒の間がスムーズにうごけば棒は、滑らかに筒の中に滑り込んでいきます。そのような筋収縮は、躍動的でダイナミックな動きの源になります。

当クラブでは、まずトレーニングの第一段階として、正しいフォームと筋線維がスムーズに抜けてスムーズに入っていくような筋収縮を得ることを目標とします。そうして得られた筋収縮を効率よく目標物に伝えることをトレーニングします。ここまでが第一段階としてのまず最低限、必要な課題となります。この力の伝達こそ競技、生活において必要不可欠なのです。ただ歩く動作でも地面に力を伝えながら歩いています。うまく伝えられる人は、楽に歩けますが力の伝達の下手な人は、同じ速さでもしんどく、疲れやすいのです。同じことをより楽にする。当たり前のことですが、これが競技は、もちろん健康な生活においても最も重要で大切なことなのです。クラブコングでは、更に目的にあわせた出力のタイミングなどをより適正化することで更なる向上をめざします。


<文   濱崎耕平>


Vol.23 夏に向けて(2005.5.2)
 今年こそかわいい水着が着たい!!冬と違って上着でかくせない…女性の方なら誰でも思いますよね。
夏までには!!と、この時期にスポーツクラブに入会される方も多いと思います。
みなさんはスポーツクラブを選ぶとき、何を注目してお選びになりますか?
例えば、家から近い・施設が広い・新しい…など沢山あると思います。
当クラブは今年の5月で10周年を迎えます☆
「身体機能性を向上し、今まで苦しく・難しく感じていたことが楽々とでき、潜在能力の活性化をサポートする」これがクラブコングでトレーニングをする大きな目的なのです。
 当クラブのトレーニングは、当クラブの代表松本が大学研究室等と研究に研究を重ね、その理論でトレーニングをすることにより競技者としても実際に結果を出してこられました。
 トップアスリートの方々にも指示して頂き、合宿システムを利用して他府県からも通って頂く方も増えてきました。  もちろんアスリートの方だけでなく女性の方やご年配の方の目的に合わせたプログラムを直接指導させて頂き、肩こり・腰痛の方の改善プログラムも大好評です☆
 私も学生の頃、部活で筋トレの時間がありましたが、ただ使い方を覚えて回数をする程度のものでした。 しかし、筋トレはただ器具があれば一人で、できるものではなく正しい知識と指導の上で、自分にとって本当に効果的なトレーニングができるんだな!ということを深く感じました。 学生の頃に気づいていたらな…と、少し悔やみます。

 女性に人気のスタジオレッスンでは、エアロビクス・ステップ・ヨガ・竹ふみ・ジャズダンス・健康体操・シューティングエクササイズなど、体力や好みによってお選び頂けます☆  ただ、レッスンをするだけでなく、インストラクターの楽しいトークやためになるお話を沢山して頂けますよ!
 
 そして、トレーニングやスタジオレッスンで疲れた体を癒すためにはジャグジーバスしかありませんよね(^^)
当クラブの施設自体はあまり大きくありませんし、プールもありません。
しかし、トレーニング知識や内容等、またはプログラムの豊富さを含め、絶対に満足して頂ける自信を持っております。
様々な方に対応できるプログラムをご用意しておりますので、運動不足解消等いつでも当クラブをご利用下さい★
みなさん、それぞれすてきな夏を迎えましょ〜ねっ\(^o^)/

<文   藤原>


Vol.22 狭心症・心筋梗塞(2005.4.21)

 日本人の三大死因のひとつになっている虚血性心臓疾患(狭心症・心筋梗塞)についての情報をお伝えしたいとおもいます。

 狭心症と心筋梗塞は、冠動脈という心臓に酸素や栄養を供給する重要な血管が狭くなったり、詰まってしまう冠動脈硬化が原因で起こる病気です。「虚血性心疾患」といわれ、血流がとだえることによって、心臓の機能が急激に低下します。心臓はポンプのように収縮と拡張をくり返しながら、全身に血液を送り出す重要なはたらきを担っているため、機能低下は命の危険を招きます。

 狭心症・・・冠動脈に動脈硬化が起こり、血管内腔(血液の通り道)が狭くなることが原因です。内腔が狭いため、そこを流れる血液の量も減ってきます。安静にしているときは心拍数も少なく、少ない血流でも心臓は機能できます。ところが、走ったり階段を昇るなど、酸素や栄養を多く必要とするときに十分な血流を供給できなくなり、胸の痛みやどうきが起こります。

 心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化が進行し、血管内腔がかなり狭くなった部分に血栓(血液の固まり)が詰まってしまい、完全に血流がとだえることがあります。血流がとだえた先の組織(心筋)には酸素も栄養も供給されなくなり、心筋が壊死に陥って心不全を招き、死亡することもあります。これが心筋梗塞です。壊死に陥った心筋は二度と回復しないため、心臓の機能が著しく低下します。心筋梗塞では、狭心症よりもはげしい胸の痛みが長い時間続きます。

  日常生活で気をつける点

 狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患には急激な血圧の変動、ストレス、疲労は大敵です。

注意が必要なのは、入浴やトイレです。温度の変化が大きく、血圧を変動させやすい状況をつくりがちです。寒い冬は特に注意が必要です。

 発作を防ぐには、血栓予防も重要です。からだが水分不足になると、血液が粘りけを、おびて血栓ができやすくなるので、意識して水分を補給する様にしてください。(喉が渇いたと思ってから水分補給をしたのでは遅いので、喉の渇きを感じる前から、こまめに水分補給はするようにしてください。)起床時や就寝前、入浴の前後、汗をたくさんかいたときには水分を補給するように習慣づけてください。

 心臓発作を起こしたら、運動は絶対に禁止だと思われているかもしれませんが、必ずしもそうではありません。もちろん、運動をするには医師の許可が必要ですが、許可を受け安全に運動を続けることが大切です。

 当クラブの提供するトレーニングは、力みなどによる血圧の上昇をおさえます。血圧に負担をかけないことから安全に行え、そのうえ、リズミカルな動作で行うことにより全身の血行が促進されるので、心臓の負担を軽減することもできるとおもわれます。

健康体操やウォーキングなどの運動を行うことにより、進行を止めたり、遅らせたりすることができます。また、血圧を低下させ、血液中のHDLコレステロールを増加させ中性脂肪が減少します。からだを動かすことはストレス解消にもなります。適度な運動を生活の中にいれ、続けることが大切です。

皆様が運動を続けられるよう、私たちもお手伝いしていけたらと思っています。



<文   定守>



Vol.21 花粉症(2005.4.14)

 最近、気温も上がり心地よい天気が続き、大変すごしやすい日が多くなってきました。桜がキレイに咲く中で何かに悩まされている方がたくさんいると思います。「花粉症」です。
 僕自身も春と秋の心地よくすごしやすい時期にくしゃみ、鼻水、目のかゆみと共に桜、もみじを楽しんでいます。特に京都という土地で生活していると春と秋が一年を通じて最も古風で深みのある京都を感じられます。しかし花粉症によって、そんな素晴らしい気候、和む心が阻害されているような気がします。
 今回は、「花粉症」について少しかきます。

 まず花粉症の医学的な定義ですがアレルギーによって鼻や目に不快な症状を引き起こす疾患の総称で鼻の症状は、「アレルギー性鼻炎」、目の症状は、「アレルギー性結膜炎」といいます。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙目、肌のかゆみ、倦怠感、などがあります。次に「アレルギー」という言葉をしばし耳にしますが、「アレルギー」とは、いったいなんでしょう?私達の体には、「免疫細胞」という組織があって、体内に異物が侵入してきたとき、この免疫細胞が攻撃をして異物を排除する働きを持っています。ところが、ある特定の侵入物(抗原または、アレルゲン)に対して免疫細胞が過剰な反応を示してしまい、本来受けるはずのないダメージを生体に与えてしまうのです。これを「アレルギー」といいます。ちなみにアレルギーは、花粉の他に食べ物、ダニ、ホコリ、などがあります。現在は、生活習慣などの変化により、アレルギー症状を持っている人が日本人の三割にもなっています。
 
では、花粉症とは、どのようなアレルギーなのでしょう?鼻の場合ですと、1、体が花粉を抗原と認定し、その人は、アレルギー体質となる。2、抗原である花粉が粘膜から体内に侵入する。3、花粉の侵入を感知した体は、免疫反応によって花粉を排除しようとする。4、しかし、あまりに過剰な反応を示してしまい鼻の粘膜は、炎症状態になり、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった不快な症状を引き起こす。これが花粉症のメカニズムです。目の場合もこれとほぼ同様です。なぜ目と鼻かというと、この二つは、人間の粘膜の中でも常に外気と接しているので、花粉に接しやすいからです。
 
次に、わずかな花粉でも涙と鼻水が止まらなくなる人もいれば、大量の花粉でもなんでもない人もいます。ところが、そんな人もある年、急に花粉症になってしまうこともあります。それは、人それぞれバケツを持っていると考えてもらうと、わかりやすいです。そのバケツは、人により大きさが違います。毎年、花粉に接すると、そのバケツに花粉の抗原がたまっていきます。そのバケツから、あふれだすと花粉症に悩まされるのです。ですから今なんともない人でも、いつ花粉症になるか、わからないのです。このバケツの残量は、血液検査でわかるので、一度受けてみるのもいいのでは、ないでしょうか。

 最後に治療法ですが、まず、お医者様に行かれて検査することをお勧めします。まず自分がどういったアレルギーなのか把握して、治療法を相談するのが良いとおもわれます。薬物、点眼薬が一般的ですが粘膜を焼く簡単な手術などもできます。次に食べる物ですが、食生活だけで花粉症を治してしまうのは、困難に思われます。しかし食品添加物の多い食事は、確実に免疫力を低下させ、花粉症の発症を早めたり症状を重くします。まず意識してほしいのは、調味料です。食品添加物の入っていない天然の調味料を使いましょう。また、入浴は、蒸気で粘膜に付着した花粉を洗い流してくれるのでお勧めです。就寝前に入浴することで気持ちいい眠りを助けてくれます。
 
 花粉症のような疾患は、長期的な治療が必要です。医師と相談しながら、できることから確実にしていきましょう。また花粉症の症状も基礎体力が低下すると悪化するので室内で行う当クラブでの各種トレーニングやスタジオメニューをお勧めします。筋肥大を目的とする従来のウエイトトレーニングとは、違い僕達が推奨するトレーニングは、筋肉のポンピング作用を利用した血流の促進、活性化され柔軟にほぐされた筋肉、その筋肉から取り戻すことのできる、人が持っているはずの本来の柔軟性。これらによって体の機能性の向上を目指します。今まで苦しく、つらかったことが楽にできるようになるクラブコングのトレーニングをしながら花粉症の治療に勤めてみませんか?花粉の少ない室内で出来るクラブコングでのトレーニングは、花粉症の方にとっても素晴らしいものになるはずです。


<文   濱崎耕平>



Vol.20 トレッドミルについて(2005.4.8)

健康のため!ダイエットのため!目的は様々だと思いますが、ウォーキングやジョギングを心がけて普段の生活に取り入れている方も多いと思います。
 また、運動はしなければいけない…と思いながらもなかなか実行できず‥という方も多いのではないでしょうか?
 私もそうですが、女性の方ですと、早朝や夜方は一人で歩くのは怖く、友達と時間を合わせようと思ってもなかなか時間が合わず結局、運動できずじまいになってしまうのではないでしょうか?
 そこで今回は、有酸素運動を行う代表的なマシンであるトレッドミルについて少しご紹介していきたいと思います。
有酸素運動機具は当クラブにはエアロバイク、リカンベントバイクの他、今回ご紹介するトレッドミルがあります。
外で歩くのとは違い、景色が変わらないのでしんどいな…と思われる方も多いと思いますが、当クラブではトレッドミル1台1台に液晶テレビを設置し、テレビと清潔なヘッドホンをつけながらウォーキングやジョギングを楽しんで頂くことができます!!
 私もトレッドミルを使用しておりますが、好きな番組を見ながら、なおかつ安全(安全クリップ設置)に効果的な有酸素運動ができるので非常におすすめです☆
 また、傾斜や速度も調節することができ、個人の強度に合った運動をすることができます。
体力アップや、高齢者の方などのほど良い運動又は、脂肪燃焼のダイエットなど目的によっても様々な効果を得ることができます。

健康な人生を送るために、運動は必要不可欠だということは前回までの健康情報でたっぷりと紹介させていただきましたが、みなさんも頭の片隅にはそのような意識を日頃から持っておられると思います。
 以前、何も知識のない私は有酸素運動又は、食事に気を配っていればダイエッツトができるので一人でもなんとかなる!!と思っていました。
 しかし、調度1年前に当クラブでトレーニングを始めるようになり、私の場合は、ダイエットのためのトレーニングやその効果、またはどうしてこのトレーニングが大切なのか…など一から教えてもらい、初心者の私でもトレーニング(ダイエット)を理解し実践することができました。
 自分一人の考えでダイエットをしても"本当にこれは効果があるのかなー…"と結果がでなければすぐに挫折してしまいがちでした。
しかし、専門の立場から指導してもらう事により、自分にとって一番効果的な運動ができ、安心して運動をすることができるようになりました☆
 これからも、当クラブで楽しみながらダイエットに励んでいきます!!
結果を焦って挫折したりしそうになる時もありますが"続ける事から始めよう!!"をモットーに私も、会員さんと共に頑張っていきます★★
運動をしたい!そんな皆様の為に当クラブはサポートをしていきたいのです☆
一人でも多くの方が、当クラブで運動をし、当クラブの特徴や良さを実感していただければと、思っています。
 
会員さんにとって更にトレーニングを楽しんでもらう環境を作りたい!と考え、4月から1Fマシンフロアにテレビが2台増置され1Fの館内スピーカを高性能機種に増設変更されました☆
 コンクリート打ちっぱなしの建物にマッチし他のスポーツクラブでは見られないオシャレな感覚で、会員さんの評判も良く、皆様に大変喜ばれております(^^♪
私もこの雰囲気がとっても気に入っております☆
是非、見学がてらに当クラブに寄ってみて下さいね!スタッフ一同心よりお待ちしております。 


<文   藤原>



Vol.19 冷え症(2005.3.31)

今回は、女性に多いといわれる冷え症についての情報をお伝えしたいと思います。

冷え症を医学的な言葉にすると、毛細血管の血行障害です。ひらたく言えば、手や足など体の末端部分で血行が悪くなっているということです。人間の体は、寒いと感じると体の表面の毛細血管を収縮させて体温が外に逃げないようにします。そして、体表温度をサーモスタッドに今度は、血液を送り込み、体表の温度が下がり過ぎないように調節されるはずなのです。ところが、そのように調節されず、いつまでも血管が収縮しているために冷たくなってしまうのが冷え症です。この血管の収縮と拡張を受け持っているのは、自律神経です。つまり、自律神経がうまく働いていないのが、冷え症の大きな原因の一つです。

自律神経失調症になりやすいかどうかは、体質でもあり、なぜか女性に多いようです。ホルモンバランスの乱れが、自律神経の調節を狂わせてしまう場合もあります。

さらに、男性に比べて女性の筋肉の力が弱いのが一因でもあり、低血圧も冷え症の原因になります。

このほかにも、外的要因からの影響もあります。

以前から言われていることですが、エアコンの害です。夏場に冷房の良く効いた部屋と蒸し風呂のような外を、行き来すると、体温を調節する機能も落差についていけなくなります。自分の部屋と外気温の差は5度以内にしておくことが大切です。この点においてもクラブコングでは、特に気をつけ室温を管理しております。

冷え症を改善する食事のポイント

からだをあたためる成分を含む食品をとる様にします。

香辛料や香り野菜には、からだをあたためる働きがあると言われています。

赤とうがらしのカプサイシン、しょうがのショウガオール、にんにくのスコルジニヤなどは、血行を促進したり、脂肪の燃焼を促してからだをあたためます。

 逆に、なすやきゅうり、トマトなど、夏が旬の野菜や南国産の果物のパイナップルやパパイヤ、マンゴーなどはからだを冷やす作用があると言われています。

   冷え症を改善する運動のポイント

 血行を良くするためには、毎日からだを動かし運動を習慣化すことが大切です。

クラブコングでのウェイトトレーニングは全身の筋肉を使うようにメニューを作っております。リズミカルな動作でおこなうことにより、全身に血液の流れを促進しますので冷え症にも効果的だとおもいます。

また健康体操やウォーキングなども全身をくまなく動かすことにより血液の循環が良くなり毛細血管まで血液がいきわたるようになります。

現会員さんのなかにも当クラブで体を動かすようになり、手足の冷えがなくなり手足がポカポカされると言われる方もおられます。

  運動を、毎日続けられるよう当クラブがサポートしていきたいと思っております。


<文   定守 毅>



Vol.18 内臓肥満(2005.3.24)

 みなさんは、肥満にも病気につながりやすい肥満と病気につながりにくい肥満があることをご存知でしょうか?
 最近の研究で皮下脂肪の多い人よりも内臓脂肪の多い人が多くの生活習慣病にかかりやすいことがわかっています。今日は、その内臓脂肪の多い「内臓肥満」について少し書きたいと思います。
 まず肥満とは、体に過剰に脂肪がたまった状態のことを言います。肥満がもとになって起こる病気は、高血圧、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、痛風、心臓疾患、脳疾患などいろいろあります。肥満と判定され、すでにこれらの病気をもっている人が「肥満症」です。あと、内臓脂肪が多ければ、病気になる危険性が高いので、「肥満症」として治療を受ける必要があります。

 皮下脂肪・・・皮膚の下にたまった脂肪で指でつまめるものです。

 内臓脂肪・・・腸のまわりにつく脂肪で、おなかを開けるかCTを撮影しないとわかりません。

 内臓肥満とは、内臓脂肪がたまった状態の肥満のことで内臓脂肪型肥満といいます。特徴のひとつにおなかだけが出ていることがあります。欧米では、ウエストとヒップの比をとってウエストが大きい人を上半身肥満、比が小さくヒップが大きい人を下半身肥満として分類したところ、圧倒的に上半身肥満の人に生活習慣病などが多いことがわかりました。これは、シンプルにおなかまわりだけが太っている人、内臓肥満の人に生活習慣病が多いことを意味します。
 内臓肥満の大きな要因は、運動不足と食事です。極端な例ですが、すもうの力士は、肥満体型ですが元気にすもうをとっています。体重が重いので膝や心臓への負担は、大きいですが、病気の人はほとんどいないです。それは、体重の増加が皮下脂肪と筋肉によるものだからです。
 運動不足、食生活のみだれ、飲酒、ストレス、喫煙など、生活習慣病と内臓肥満の要因は共通していることが多いです。だから内臓肥満は、「肥満症」として病気と扱われ、治療が必要なのです。糖尿病、高血圧症、高脂血症を合併しやすく、動脈硬化を引き起こしやすいことが大きな問題です。まず、運動と食生活のみなおしです。低強度の運動を習慣にしましょう。当クラブで目指すことは、筋肉の活性化です。からだの中で一番エネルギーを消費するのは筋肉です。高齢者や女性には、ハードなウエイトトレーニングで筋肥大を強要するのではなく、柔軟な弾力のある筋肉をバランスよくつけていただきたいのです。僕達の提供するトレーニングでは、適正なタイミングでの筋収縮、リズミカルな動作、その動作によって筋肉のポンプ作用を促進させ柔軟性のある筋肉をバランスよくつけます。また、そのポンプ作用で全身の血流を促進させ、多くの栄養素、酸素を運び老廃物をもどしてきます。筋肉を活性化させ、代謝を上げることと食生活を見直すことで、内臓肥満は改善されます。その上、人が持っている本来の柔軟性を取り戻します。回数を重ねるたびに体が楽になっていくのを実感していただけます。筋肥大を目的とする従来の筋力トレーニングにつきものの疲労感と取り掛かりにくいイメージを取り払って下さい。高齢者、女性からオリンピックにでるトップアスリート、プロ選手まで誰もが出来るトレーニングですので、皆さんに試していただきたいのです。僕たちは、当クラブで推奨する新しいトレーニングで充実した生活、競技力の向上をお手伝いしています。


<文  濱崎耕平>



Vol.17 趣味(2005.3.18)

みなさんは今、何か趣味といえるものはあるでしょうか?
趣味は人それぞれだと思いますが、私は今バスケットボールをしています。
小学校の頃から高校までは、趣味と呼べるものではなく、ただひたすらにバスケットボールをしていました。
 しかし、短大に入ってからは週1回のペースで私の楽しみとして日常生活に取り入れることができました。
私が、当クラブでトレーニングをする目的は、週1回の練習やGAMEで人並みに動けるように…そして、やはり欠かすことのできない一番の目的はダイエットです!!
 当クラブに通われている会員さんも目的は様々です。
オリンピック選手やプロの選手を含む競技者の方は、簡単な気持ちではなく、競技力向上を目指し、目標を達成するためにトレーニングに励んでおられます。
また、高齢者の方などは、健康の維持・生活の質の向上など個人のペースで無理なく安全にトレーニングに励んでおられます。
 またエアロビクス等、趣味や気分転換に来られる方も多くおられます。
以上のように、スポーツクラブに通われる理由は様々ですが、私自身フロントから会員さんをみていて、やはりスポーツクラブで体を動かしておられる方は、年齢に関わらずとても元気でイキイキしているのがわかります☆
 スポーツクラブはそれぞれの目的を達成するための場所でもあり、質の高い生活を送るためのヒントを得る場所でもあります。
 もしくは私のように競技(趣味)を楽しく行うための、身体能力を向上させる場所としてもスポーツクラブを利用して頂ければと思います。
また、充実した人生を送るため、日常生活に運動を取り入れると更に健康的な生活を送れることは間違いありません!!
 女性の方では、ダイエット効果を目的として運動されている方も多いですが、運動をすることでダイエット効果だけでなく、健康に関わる沢山のメリットを同時に得ることができます。 特に、コングでのトレーニングは体を鍛える方だけがするものではなく、性別・年齢に関わらず全ての方がトレーニングをすることにより、今まで苦だったことが楽々とこなせる様な体を作りあげていきます★ つまり生活の質の向上(クオリティライフ)に欠かせない運動です。

当クラブでは、少しでも会員さんが気持ちよくトレーニングに励めるようにと、1FマシンジムにDVDを流すことにしました(^o^)v
大人気のBRITNEY SPEARSなど、とてもみなさんに喜んで頂いております!!
 この春、ステキな体を目指して(私は)、健康で充実した生活を送れるよう、日常生活に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか☆☆

 


<文  藤原>



Vol.16 動脈硬化症(2005.3.11)

 前回、すこしふれていた動脈硬化症について書いてみます。

 私たちのからだが生命を維持していくためには、血液が全身をくまなく循環していかなくてはなりません。そして、血液の輸送路となるのが血管です。血管には、動脈と静脈があり、動脈は心臓から送り出される血液の通り道で、酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を担っています。その動脈に起こるのが動脈硬化症です。
 動脈硬化症とは、動脈血管の弾力性が失われてかたくなったり、コレステロールなどが沈着して血管内腔(血液の通り道)が狭くなってしまうものです。
 動脈硬化症になると、血管が傷ついて破れたり、血液の流れが悪くなったり、最悪の場合は完全に血流がとだえてしまうことがあります。これが脳や心臓といった重要な臓器で起こると最悪、命を失う危険もあります。

 動脈硬化症で多いのは、粥状硬化症と細動硬化症です。

【粥状硬化症】
血管の内壁にコレステロールが沈着してアテロームという黄色いドロドロとした粥状のかたまりができ、そのために血管内腔がせまくなるものです。
粥状硬化症はどちらかといえば、太い動脈に起こることが多く、脳動脈や心臓の冠動脈、下肢の動脈によく見られます。
(アテローム形成が進行すると脳梗塞・心筋梗塞・狭心症などを発症します。)
【細動硬化症】
 名前のとおり、比較的細い動脈に起こるもので、脳や腎臓などの細い動脈がかたくなったり、血管内腔が狭くなったりします。

 動脈硬化の原因は一つではありません。遺伝的なものや、老化現象の一種として動脈硬化が進む意外に、食生活や生活習慣などもあります。
 なかでも近年増加している粥状硬化症については、やはり食事や生活習慣の影響が大きいと考えられています。食べ過ぎや飲み過ぎによる摂取エネルギーの増加、コレステロールや動物性脂肪の多い食事、食物繊維不足といった食生活の変化に加え、運動不足やストレスの多い生活、喫煙などの生活習慣が、動脈硬化の増加に拍車をかけているのです。
また、こうした食生活や生活習慣は、高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病も増加させることになり、これらの病気もまた、動脈硬化を促進させているのです。
 
 動脈硬化症は、いかに進行を遅らせるかがカギをにぎります。
進行を遅らせるために重要なことは、普段の食事を見直すこと、また運動をすることです。
 プロの選手を含む競技者のトレーニングをサポートするばかりでなく、健康な生活の質の向上をサポートすることが私たちの目標です。
 そこで、当クラブの栄養サポートシステムで食生活の改善を見直し、健康体操やウォーキングなど適度な運動を生活の中に入れ、毎日続ける事が大切です。運動を続けることで生活習慣病の危険を予防したり、進行を遅らせたりすることができます。
これからの皆様の健康な生活に当クラブがお手伝いできたら…と考えております。 


<文  定守 毅>



Vol.15 貧血について(2005.3.4)

 日常でしばしば用いられる「貧血」という言葉。今回は、「貧血」について少し書きたいと思います。
貧血とは、血液の濃度がうすいことを意味します。医学用語で「貧血は、血液中に含まれる赤血球の数が少ない、ヘモグロビンの濃度が低い。」とされています。症状は、全身の倦怠感、頭痛、動悸、息切れ、めまい、疲れやすい。などがあります。
 なぜ、貧血が起こるか?を書く前に、血液について、書きます。血液とは、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞と血漿(けっしょう)から成り立っています。働きは、酸素の運搬、生態防御、血液凝固、物質の運搬などがあります。
酸素の運搬・・・ 酸素は、赤血球、により体のすみずみまで運ばれます。赤血球の中 
は、ヘモグロビンという鉄を含むたんぱく質がふくまれています。肺で酸素と結合して、全身に酸素を送り届けます

■生態防御…白血球によって、病原体などから身体を防御します。
■血液凝固…血管壁が傷つくと、血小板がそこに集まり、お互いにくっついて破れた血管を一時的にふさぎます。それが引き金となり血液の凝固がはじまります。
■物質の運搬…栄養素や老廃物は、血漿に溶けて運ばれます。

以上が血液の構成と働きです。
 
 ここから、なぜ、貧血になるのかを書きたいと思います。
 最初に書いたとおり貧血とは、赤血球が少ない。ヘモグロビンの濃度が低いということです。それは、どういうことを意味するかというと体全体に酸素がいきわたらないということです。それを補うために心臓は、余計に働いて脈拍を速くしたり、一回の収縮で送り出す。血液の量を多くしたりします。

■赤血球の減少…顔面蒼白
■酸素供給不足…疲労感、めまい、頭痛、息切れ
■心拍出量の増加…動悸、機能性心雑音、微熱

 これらの症状は、赤血球、ヘモグロビンが少なくなったからと考えます。なぜ赤血球、ヘモグロビンが少なくなるかというと、 1.赤血球をつくる力が低下する。 2・赤血球をつくる材料が不足する。 3・赤血球の寿命が短くなる。 4・赤血球が失われる。四つの理由の内の 2.赤血球をつくる材料が不足するということに着目します。これは、鉄欠乏性貧血といい、最も頻度が高く、またなおる貧血の代表でもあります。ヘモグロビンの材料の中で最も重要で不足しやすいのは、鉄です。摂取した約70%は、ヘモグロビンに利用されます。食生活を見直すことによって改善されます。バランスのとれた食事、特に鉄を多く含む物をとることです。代表例は、レバー、カキ、アサリ、ひじき、などです。これらをバランスの取れた食事の中に多めに入れると良いでしょう。当クラブの栄養サポートシステムは、大変おすすめです。840円という低料金でオリンピックメダリストの食事を管理していた河合美香さんが、目的に応じて皆さんの食生活をみなおしてくれます。是非、一度、試してみては、どうでしょう。また、一日100mgの鉄材で通常2〜3ヶ月で貧血は、改善されます。女性は、月経や妊娠、出産などで鉄分が失われることが多いので、男性の1・5〜2倍の量が必要です。その他では、ビタミンB12,葉酸、たんぱく質の欠乏で貧血になることもあります。食生活の見直しで貧血のような症状が改善されない場合は、一度、血液検査を受けたほうがよいと思います。血液検査を受けないと貧血とは、診断されません。そのような症状が、食生活の見直しで改善されない方は、一度、血液検査をうけましょう。
                          

<文  濱崎耕平>


Vol.14 クラブコングの10周年記念について(2005.2.21)

今年の5月に、おかげ様で当クラブは10周年を迎えることとなります。
そこで!!
10周年記念として2月25日(金)から、キャンペーンを実施することになりました☆☆
これから入会して頂く会員様にはもちろん、現在当クラブに通って頂いている会員さんにも感謝の気持ちをこめてお得な特典をプレゼント致します!!!

まず、これから入会して頂く会員様には ★ 入会金を100%OFFにさせて頂きます!
スポーツクラブに入会したいけれど入会金が高い…と思われている方もたくさんおられると思います。 入会されるなら今が大チャンス!(^^)!

更に、これから入会して頂く会員様と、現在通って頂いている会員様共に、以下の4つの特典をプレゼント!!!

☆1 CLUB KONGオリジナルTシャツをプレゼント!
オリジナルTシャツは毎回恒例でプレゼントさせていただいております。
オリジナルTシャツを着て、トレーニングに励んで下さいネ!
着心地の良さ、間違いナシですよ☆★

☆2(CLUB KONG内で使用できる)CLUB KONG価格の10%OFFより更に10%OFF券をプレゼント!!
当クラブの会員様には、サプリメントやCW-X等を定価の10%OFFで購入していただいております。今回は、なんと更に10%OFFで購入していただくことができます!
この機会に、色々なサプリメントを試してみてはいかがでしょうか☆
サプリメントやCW-X等のご質問はいつでもお気軽にスタッフにお訪ねくださいね。

☆ 3 シニア特別会員(65歳以上の方限定)新設!!
当クラブで今まではなかった会員システムが登場致しました!
シニア特別会員とは、ご利用時に毎回、特別無料でパーソナルストレッチ(1050円)を施術します。 月に何回ご利用いただいても結構です。(毎回の利用料金なし)
現在、パートナーストレッチは大好評でチケットを購入されている方もたくさんおられます。 たくさんご利用いただいて体をリフレッシュさせてくださいね☆

☆4 新設予定  ジュニアアスリート(中学生対象)
トータルコンディショニングコース
ビジョントレーニング・ウエイトトレーニング・栄養サポートシステム等を種目に応じて指導致します。
当クラブは、今まで15歳以下のご利用をお断りしておりました。
しかし、中学生のこれからの活躍のお手伝いをしたいと考え、このようなシステムを新設予定しております。詳しい内容等は、いつでもお問い合わせくださいね☆

クラブコングは、これからもどんどん向上し、会員様に満足していただけるように頑張ります☆これからも宜しくお願いいたします。


<文 藤原 裕子>



Vol.13 高脂血症(2005.2.14)

今回は動脈硬化を促進させてしまう高脂血症について書いてみます。
血液中には、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、リン脂質、遊離脂肪酸、という四種類の脂肪(血清脂質)があります。
 脂肪の代謝が障害されて、血清脂質のいずれかに異常な増加がみられるものが高脂血症です。コレステロールが増えた状態を高コレステロール血症、中性脂肪が増えた状態を高トリグセライト血症と呼びます。
 血液中の脂肪は水に溶けないため、アポたんぱくというたんぱく質と結合して、リポたんぱくという形で、血液に溶けるようになっています。
 リポたんぱくには、VLDL(低比重リポたんぱく)IDL(中間比重リポたんぱく)、
LDL(低比重リポたんぱく)HDL(高比重リポたんぱく)があります。 
 このうちLDLには大量のコレステロールが含まれ、肝臓や筋肉、その他の組織にあるLDL受容体と結合して細胞内に取り込まれます。
 一方、HDLはコレステロールを多く含む細胞や、リポたんぱくと接すると、それらからコレステロールを抜き取って肝臓に運ぶ働きがあり、動脈硬化の予防に役立ちます。
 このため、HDLを「善玉コレステロール」、動脈硬化を促進するLDLを、「悪玉コレステロール」と呼んでいます。 高脂肪食、高カロリー食、運動不足、喫煙など、いくつもの生活の習慣がそれぞれ高脂血症の危険の要因になります。
 高脂血症には、遺伝によるものと二次的なものがあり、遺伝によるものは、もともと遺伝的な体質を持っている人に、これらの生活の習慣が加わって発症します。
 二次的な高脂血症は、糖尿病、甲状腺機能低下症、などの遺伝による疾患に付属して発症します。
 高脂血症は増加している脂質の種類により、高コレステロール血症、高トリグリセライド血症、複合高脂質血症などと呼ばれます。
 血清脂質が増加しても、それが直接自覚症状を引き起こすことはありませんが、動脈硬化の主要な要因であることは明らかです。
 その結果、冠動脈が動脈硬化を起こせば狭心症や心筋梗塞に、脳血管が障害されると脳梗塞を起こします。また、肝臓に中性脂肪がたまって脂肪肝になったり、膵炎を起こすこともありますし、アキレス腱が腫れあがって太くなる腱黄色腫を起こすことがあります。
 肥満を防ぐ目的で、必要以上のエネルギーの摂取を控える事が重要です。肥満の人は、減量して標準体重まで下げるようにします。
 コレステロールの多い食品は避けて、なおかつコレステロールを一日三〇〇mg以下を目標とします。コレステロールの多い食品には、卵黄、イカ、うなぎ、たらこ、シジミ、カステラ、バター、レバーなどがあります。
  高脂血症は食事の見直しが大切です。動脈硬化の発症が予防できるだけでなく、すでに起こってしまった動脈硬化の進行も抑えることができます。
当クラブにある栄養サポートで今の食事内容を見直してみてはいかがでしょうか。
食事療法と並んで高脂血症の治療の基本になるのが運動療法です。
運動を同時に行うことで食事療法も相乗効果を発揮します。
有酸素運動は中性脂肪を燃焼させHDLコレステロールを増加させます。
前に紹介した健康体操やウォーキングなど週に三回以上運動をすることをおすすめします。


<文:定守 毅>



Vol.12 ビジョントレーニング(2005.2.4)

今回は、当クラブで行っているビジョントレーニングについて、書きたいと思います。
 僕は、初めて受けたとき、すごい衝撃をうけました。
ビジョントレーニングとは、見たものを、情報として、脳にインプットして、その情報をもとに、行動するという、一連の動作をスムーズにするトレーニングです。それは、目から脳、脳から体のパイプを太くすることです。どういうことかを説明します。
 
人は、生活、競技において、目から得る情報は、八割以上と言われています。目をつぶって生活、競技することは、非常に困難です。それは、片足で立つという、シンプルな動作でも目をつぶって行うとよくわかります。倒れることは、なくても、ふらついたり、上げている足が地面についたりします。明らかに目を開けている時とは、違います。それは、目から得る情報がないからです。当たり前のことですが、それだけ、目から得る情報は、大事ということです。

次に何か、新しい物を、見たとき、それが、何であるか、をすぐに認識できなかったことがないでしょうか?すべての手がかりを組み合わせるまで、ほんの一瞬でも、何であるか、わからなかった瞬間があったと思います。それは、脳にそれが何であるかのデータが入力されていなかったからです。仮に次に、それを、見たときには、もうそれが何であるかを、瞬時に理解することができます。脳に、その情報が、データとして、入力されたといえます。
脳の中には、いくつもの引き出しがあり、今までに得た情報が入っています。人は、常に、目から得た情報をその引き出しにあるデータとリンクさせています。そのデータがたくさん、きれいに整理されている人ほど行う行動、プレーが速くて正確だと言えます。
また競技においては、次のプレーなどの予測などが冴えます。それは、目から得た情報を、脳のデータとリンクさせ、次に起こることが必然になるのです。偶然に見えることを必然にするためには、目からたくさん情報を得て、たくさんのデータが整理された状態で脳にあり、脳からの刺激に、速く、正確に反応する体がいるわけです。
ビジョントレーニングは、目から脳、脳から体、このパイプを太くするのです。

目には、いろいろな能力があります。動いているものを見る「動体視力」。見たものに、焦点を合わせる「焦点調節能力」。一つのものを見ながら、その周りの情報を把握する「周辺視野能力」。これらの、さまざまな能力を、駆使して、目から情報を得ているのです。
普段、物を見ているときには、意識しにくいのですが、物を見るとき、必ず眼球が動きます。この、眼球の動きは、目から情報を得る上で非常に重要です。眼球の動きのよい人は、右利ききでいうと、右手で字を書いている感じです。逆に、悪い人は、左手で字を書いているようなものです。非常にぎこちない、ということです。これは、日常の生活においては、視力がある程度あれば、問題ないのですが、競技においては,あきらかに、眼球の動きの悪い人は、よい人に比べて、目から、得る情報量が、おとります。これについては、軽視している人が、多いように思いますが、もし、首から下が、すばらしい能力を持つ体があっても、目から情報が、入ってこなかったら、体は、動きません。逆に、すばらしい能力を持った目と、能力的には、普通の体を、持っていれば、どうでしょう?目の能力で、体の能力をカバーできそうな気がしてなりません。
 
僕は、サッカーをしていたのですが、自分の競技人生を振り返り、思うことは、この目の能力こそ、トレーニングしなければ、いけなかったのでは、ないかということです。自分自身は、そこそこの選手、一流の選手とは、何かの差を感じていました。身体的に、それ程、劣るわけでもなく、考えることが、できなかったわけでもありません。その差は、試合中の情報量の多さだと考えます。サッカーでは、常に周りの状況を把握しながらプレーします。一流の選手は、外で試合を観戦する人がイメージすることと、同じプレーをします。全体を見ながら観戦している人と同じだけの情報量があるのでは、ないのでしょうか?自分が目で得た情報より味方であれ、敵であれ、もう一人見えていたらどうでしょう?その一人でプレーの選択肢が大分、広がります。それは、レベルが上がれば、上がる程、その一人の差が大きくなります。その一人を情報として取り入れるために、ビジョントレーニングが有効です。情報量up、判断の速さと正確性のup、何よりも「見る」ということの重要性が自分の中で上がることが、自分の競技に対する意識を高めます。その意識の高さが大切なのでは、ないでしょうか?頑張るのは、当たり前。何をどう頑張るのかが大切です。
 
当クラブでは、ビジョントレーニングは、もとより「身体の機能性の向上」を目指しています。それは、競技者であれば競技力upであり、快適な生活を求める方なら、健康と考えます。ビジョントレーニングは、脳の活性化、集中力up、にも素晴らしい効果があります。現に目の障害を克服して成績が上がった子供も少なくありません。見えているのが当たり前になっている目。少し考えを深くして、目で脳を活性化させてみませんか?僕もあと10年早くビジョントレーニングをしていたら・・・と思う今日、この頃です。


<文:濱崎 耕平>



Vol.11 ウォーキングについて(2005.1.24)

今回はウォーキングについて書いてみます。よく、朝方や夜にウォーキングをされている方を見かけます。ウォーキングは、誰にでもできる運動で、比較的安全に行えるので、実際にウォーキングをされている方や、以前ウォーキングをしたことがある方も沢山おられると思います。私もウォーキングをした事がありますが、理由や目的は人それぞれであるように、ウォーキングの時間や頻度もそれぞれ違います。特に女性の方の悩みに多いダイエット!! 減量を目的とされる場合は、運動の強さは低めに、時間および頻度は多めにします。ウォーキングはエアロビクスエクササイズなので、エネルギー源として脂肪をより多く消費し、肥満解消の効果が期待できます☆

また、中高年者がウォーキングを行う場合、初めは運動時間や頻度も少なめにし、徐々に増やしていくのが安全で無理のない方法です。ウォーキングは腰部および下肢の筋群が主に活動します。しかし、ウォーキングだけでは高齢者の方に多い「転倒」の予防にはなりません。もちろん、ウォーキングも大切なのですが、ウォーキングと同様に筋力トレーニングも必要不可欠となっております。

歩行を安全に行うには「かかと」から着地をすることが大切です。しかし、すり足で歩き「つま先」から着地をすると、地面をすり「転倒」してしまうので、大変危険です。これを予防するために、膝とつま先を上げる筋肉(大腰筋・前脛骨筋)を鍛える筋力トレーニングが必要となります。

また、フラついた時に、前に足は出ても横にはすぐに足が出せなくて「転倒」してしまうといったことがあります。 これを予防するには、股関の横方向の可動域を広げ、柔軟性をつけることが大切です。「健常者、アスリートはもとより、高齢者、障害者、及びその支援者など、すべての人々に対して、スポーツを通じて健康増進、身体機能の向上、及び交流や健康情報の発信に関する事業を行い、もって健康な社会づくりに寄付する」ことを目的としたNPO法人日本運動能力研究所でパワーチェンジトレーニングマシンを紹介しております。高齢者の方が一度、転倒をしてしまうと、その状況によっては、完治するまでに相当の時間がかかることもあります。 最悪、寝たきり状態になることも起こりかねません。

パワーチェンジトレーニングとは、上記のような事も含め、競技(スポーツ)のトレーニングは勿論、リハビリテーションや高齢者を対象としたトレーニングにも広く応用することを目的としたこれまでにない画期的なトレーニングシステムなのです。現在では、静岡県の老人福祉センター"ヴィターレ"でこのマシンを設置しておりますが、当クラブでも同じ理論でトレーニングをご指導させて頂いております。つまりウォーキングと共に、筋力トレーニングを行うことで、更に健康で充実した生活を送ることができるのです☆

ウォーキングは、初めから運動による効果を期待して運動の時間および頻度を決め付けるよりも、長時間の実践可能な時間や頻度で行うことが最も大切なのです☆☆


<文:藤原 裕子>



Vol.10 健康体操(2005.1.12)

健康であり続ける事が人生を思い通りに楽しく過ごすために必要であることは、疑い様のない事実です。そのためには運動というものが、欠かせない要因となっております。このように健康で豊かな人生(クオリティオブライフ)を送るために生活習慣の中に、運動を取り入れる事は必要な事となってまいりました。
そこで今回は、毎日続けて頂くことを目的の一つとした当クラブのレッスンの「健康体操」の内容と効果について紹介してみたいと思います。

健康体操は年配の方から初心者の方、また運動前後のウォーミングアップやクーリングダウンに適した体操とストレッチからなるクラスです。
健康体操は、約20〜30分という時間の中で、全身をくまなく動かすように体操とストレッチがバランスよく組み込まれ構成されています。

健康体操のウォーミングアップの効果は、ゆっくりと筋温を高めながら呼吸循環器系、神経系、筋肉、関節、などの運動器系を、安静な状態からしだいに運動に適した状態へと移行させる運動です。これによってからだの諸機能は運動に適した状態になり、運動による障害の発生を未然に防ぐとともに運動能力を十分に発揮できるようになります。
ジムでのトレーニングやスタジオレッスンなどの運動前に適していると思います。
 
健康体操でのクールダウンの効果は、最大酸素摂取量の35〜65%で全身を使った軽度な運動をすることにより筋肉が静脈の周囲で収縮と弛緩を繰り返し、血液を心臓の方に押し上げ心臓を助ける働きをします。  
また、血液の循環が良くなり、乳酸などの疲労物質を除去します。
激しい運動など、した後におすすめです。

健康体操でのストレッチングは、特別に、肩凝り・腰痛の方に効果がある様に作っております。
筋温が高くなっている体操後に行うので、筋肉の粘性が下がり筋肉はスムーズに動くようになっています。そのため、十分に筋肉を伸ばす事が可能になり、目的の筋肉の血液の流れを促進させることで、肩凝り・腰痛などに大変効果があります。また、精神的リラクゼーション効果を高めるためにも、音楽をかけながら行っています。

運動は健康の維持増進、疾病の予防や治療にさまざまな効果をもたらすことがしられていますが、私たちのからだの機能は、動かすと能力が維持増強されますが、使わなければ衰えます。健康で充実した生活を送るためにも、生活習慣病の予防のためにも、運動を続けることが必要不可欠なのです。
 
運動不足が原因として考えられている生活習慣病には、虚血性心疾患、高血圧症、脳血管疾患、肥満、高脂血症、糖尿病、痛風、結腸がん、などがあげられます。
運動を行うことで、これらの生活習慣病の、危険を予防したり、進行を止めたり、遅くらせたりすることができます。
また、血圧を低下させ、血液中のHDLコレステロールを増加させ、中性脂肪が減少します。ストレスの解消にもなり、精神的にも良い効果が得られます。

健康体操は、ゆっくりとしたリズムで行っている簡単なクラスなので、どなたでも参加していただけます。会員さんからも、からだが楽になった、気持ちが良い、肩凝りが無くなった、などの声があるので、健康・体力づくりと思っておられる方、あるいは肩凝りや腰痛のある方、ストレス解消など、今まで参加されたことのない方もどなたでもできるので是非一度、参加してみてください。 
                          

<文:定守 毅>